戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

大井 おおい

 大井川の河口部、鵜山岬と串山崎に囲まれた小さな湾に臨む港町。中世、長門国阿武郡の中心的地域であった大井郷の港湾として栄えた。

 河口部から約5キロほど遡った場所には現在でも「市場」や「領家」の地名が残っており、港町・大井は日本海と大井郷とを結ぶ外港として機能したとみられる。

国人領主と水運

 文明十年(1478)十一月、益田貞兼は応仁・文明の乱の論功行賞で大井浦100貫の知行を得た。以後、大内氏滅亡まで益田氏は大井浦を継続して知行している。同氏は博多近辺や見島にも所領を持って水運活動を展開していたとされる。大井浦もまた、同氏水運の拠点に位置づけられたものと思われる。

 その後毛利氏が大内領を吸収すると、大井を含む阿武郡は吉見氏の支配地域となる。関が原合戦後、毛利氏が本拠地を萩に移したことにより、吉見広頼は萩の指月山から大井浦串山に移って隠居地とした。吉見氏も、大井浦を重視していたことがうかがえる。

船頭の活動

 元亀四年(1573)八月、大井八幡宮*1に参詣した吉見広頼は大井浦に立ち寄った。浦人から話を聞いたところ、彼らは疫神および荒神社の大木を伐って大歳丸、疫神丸という船を建造したこと、当浦には松浦、三井の両船頭がいることを話したという。

 この内の三井氏は、天文二十四年(1555)、三井元助が8反帆の船1艘を石見温泉津に置いて大内氏のために働いた功により、諸浦への堪過を認められている。元助は後に吉見氏に属し、永禄元年(1557)九月に大井郷で屋敷地などを安堵された。

 元助の子とみられる三井実助も、吉見氏に仕えて活躍。天正二十年(1592)五月、大井郷の屋敷と同郷大弘寺(大光寺)領内に5石の知行給付を約束されている。

関連人物

参考文献

  • 萩市史 2』 1989
  • 和田 秀作 「「阿武郡大井浦三井文右衛門所持判物写」について」(『山口県文書館研究紀要』第33号) 2006

f:id:yamahito88:20210801055235j:plain

中世に城郭があったという天長山山頂から眺めた櫛山と大井浦。

f:id:yamahito88:20210801055320j:plain

大井浦の町並み。

f:id:yamahito88:20210801055348j:plain

大井浦の町並み。

f:id:yamahito88:20210801055412j:plain

大井漁港と串山。

f:id:yamahito88:20210801055438j:plain

阿武松原と串山。

f:id:yamahito88:20210801055508j:plain

吉見正頼・広頼の宝篋印塔。大井浦の串山の麓に安置されている。

f:id:yamahito88:20210801055534j:plain

五輪塔の残欠。吉見正頼・広頼の宝篋印塔の一段下にある。広頼に殉死した者たちの墓と伝えられている。

f:id:yamahito88:20210801055558j:plain

吉見氏の菩提寺。周鷹寺。

f:id:yamahito88:20210801055630j:plain

周鷹寺の瓦と壁。

f:id:yamahito88:20210801055656j:plain

周鷹寺の瓦と壁。

f:id:yamahito88:20210801055724j:plain

土井地区の小道。土壁が残る。

f:id:yamahito88:20210801055759j:plain

寇の碇石。全長推定2.8メートルの不整方柱形の暗紫色砂質凝灰岩製。日本の元寇遺物としては最東端に位置する。

f:id:yamahito88:20210801055846j:plain

荒人神社の参道。

f:id:yamahito88:20210801055916j:plain

天長山山頂から眺めた鵜山と湊地区。沖に大島が浮かぶ。

f:id:yamahito88:20210801055945j:plain

大井八幡宮とその周辺の遠景。「市場」の地名が残る。

f:id:yamahito88:20210801060016j:plain

大井川に架かる市橋。

f:id:yamahito88:20210801060042j:plain

大井八幡宮の社殿。

f:id:yamahito88:20210801060109j:plain

塔の心礎・礎石。大応寺門前にある。大井川川底で発見されたもの。心礎の穴は直径90センチメートルで、かなり大きな柱であったことがうかがえる。

f:id:yamahito88:20210801060144j:plain

大井両家(領家)地区の風景。大井川に沈下橋が架かる。家並み背後の山には中世の光明寺城跡があるという。

f:id:yamahito88:20210801060213j:plain

下七重地区の風景。弥生時代から古墳時代の陶棺の破片がみつかっており、高地性集落だったともいわれる。

*1:阿武郡の総社的地位を占めた神社。大内氏、吉見氏による造営、寄進も行われた。