戦国日本の津々浦々 ライト版

大航海時代と戦国日本。

横田 よこた

 石見西部、高津川と匹見川の合流点付近に位置した市町。

市町の繁栄

 天正十九年(1591)の「益田元祥領検地目録」庄内方の項に「代五貫弐百文 横田市地銭」、また「屋敷数六百十四カ所 市屋敷共ニ」とみえ、当時の横田に市町が栄えていた様子がうかがえる(「益田家文書」349)。現在も市原、上市、中市等の地名を検出できる。

  匹見川上流の匹見郷や高津川水系上流の吉賀、津和野など河川上流域の物資集散地として、またこれら地域と高津(日本海に臨む高津川河口の港町)、あるいは益田本郷(国人益田氏の本拠)を結ぶ交通の要衝として発展したとみられる。

山陰と山陽の交通

 文明十五年(1483)四月、石見から安芸に向かう室町幕府奉行人の行動から、匹見郷または吉賀を経由して安芸に入るという2つのルートが当時あったことが分かる(「益田家文書」57)。これらのルートは安芸の山里地方を経て安芸西部の要港・廿日市へとつながっていた。

 年未詳二月、遠国に在陣中の益田藤兼が、石見滞在中の糸賀惟秀廿日市を拠点とし、商業活動にも従事した旧神領衆)に自分の留守中の「入魂」(昵懇)を依頼している。両者が以前から親密な関係にあったことがうかがえる。

中世市町の終焉

 慶長四年(1599)の検地の史料には、横田の市がみえない。一方、益田本郷の屋敷数の増加がみられる(「益田家文書」354)。

 当時、益田本郷は七尾城や三宅御土居の城下町として、益田氏被官の集住が進んでいた。生活物資の需要増に対応する為、横田など周辺の市町から益田本郷に町人が流入し、横田など中世の市町は衰退したとみられる。

参考文献

  • 井上寛司 「中世山陰における水運と都市の発達ー戦国期の出雲・石見地域を中心としてー」(有光有学・編 『戦国期権力と地域社会』  吉川弘文館 1987)
  • 光成準治 「有力国人と地域社会-石見益田氏を中心に」 (『中・近世移行期大名領国の研究』 校倉書房 2007)
  • 秋山伸隆 「室町・戦国期における安芸・石見交通」 (『史学研究』218 1997)

f:id:yamahito88:20210725001741j:plain

守源寺から眺めた横田の町。現在でも「上市」などの地名が残る。

f:id:yamahito88:20210725002021j:plain

横田上市の町並み。

f:id:yamahito88:20210725002122j:plain

匹見川と高津川の合流点。

f:id:yamahito88:20210725002241j:plain

横田の町と水路。

f:id:yamahito88:20210725002344j:plain

豊田城の遠景。

f:id:yamahito88:20210725002554j:plain

豊田神社の社殿。

三吉 みよし

 備後北部の三次盆地の馬洗川流域、現在の広島県三次市畠敷あたりにあった市町。国人・三吉氏の本拠・比叡尾山城の城下町でもあったとみられる。

 16世紀中ごろには、馬洗川と西城川江の川に合流する現在の三次町へと市の中心が移り、天正年間にいたり三吉氏による町割が行われた。

地域の中心都市

 山県郡新庄(大朝町)地方に伝わる『田植草子』の一節に「網笠は茶屋に忘れた 扇子は町で落とした 買ふてまいせう 今度の三吉町で」とある。鎌倉期から歌われていたものという。「三吉町」は約40キロメートル離れている新庄地方にまで知られていたことがうかがえる。

比叡尾山城麓の市町

 比叡尾山城の麓の畠敷には「殿敷」という地名があり、城主・三吉氏の館が同地にあったことが推測できる。馬洗川近くには「今市」「五日市」の二つの市に関連する地名が残っており、殿敷の三吉氏の館を中心に商業活動の場として町場が存在していたことが考えられる。

 馬洗川の対岸には「十日市」や「七日市」があった。江戸期の文政年間(1818~1829)に編纂された『三次町国郡志』には、「十日市」について「往古町割の儀、畠敷比叡尾の城主三吉家の御時代文明年中(1469~1487)の頃、町割相調候様旧記に相見へ申候」とある。

 同じく「七日市」については「七日市河原、大古諸人集群して牛馬市を開き、四月七日、八月七日を市立、其後、七、十七、二七と月三度の市立」とあり、古くから日市が開かれていたことがみえる。 

天正年間の町割

 その後、三吉の町場の中心は西に移動する。『三次町国郡志』によると、三吉広高が天正十三年(1585)に「五日市町割のことを世直屋三代久亭と申す者へ申し付けた」とある。広高はこの6年後の天正十九年に比叡尾山城から日隈山(後の比熊山城)に移ったという。

  広高が町割を命じた五日市町は、西城川のほとり。比叡尾山城の麓にあった五日市が河川交通の発達にともなって移動し、人々も定住するようになって商業が発達した町場を形成していったとみられる。

 五日市の西城川岸への移動は、16世紀後半ごろと推定される。三吉氏にとっては、新しい五日市町を膝下とする日隈山へと本拠を移転させ、城下町として町を編成し、振興をはかる意図があったと考えられる。

 関ヶ原合戦後、三吉氏は没落するが、三吉(三次)の町は、江戸期も三次藩の中心として栄えていくことになる。

参考文献

f:id:yamahito88:20210711221509j:plain

現在の三次町の町並み。卯建(うだつ)のにあう町並み。

f:id:yamahito88:20210711221552j:plain

三次町の町並み。

f:id:yamahito88:20210711221747j:plain

三次町の町並み。

f:id:yamahito88:20210711221831j:plain

三次町の町並み。

f:id:yamahito88:20210711221906j:plain

三次町の町並み。

f:id:yamahito88:20210711221938j:plain

三次町の町並み。

f:id:yamahito88:20210711222004j:plain

三次町の町並み。

f:id:yamahito88:20210711222237j:plain

市場の神様である恵比須神社。旭橋西詰のあたりにある。

f:id:yamahito88:20210711222332j:plain

大歳神社。比熊山の麓に鎮座する。大同三年(808)、出雲国神門郡青柳郷吹上島より勧請したことに創まるといわれる。三吉氏の崇敬も厚かったという。

f:id:yamahito88:20210711222402j:plain

西江寺に残る三吉広高のものと伝わる墓塔。宝篋印塔と五輪塔の部材から構成されている?

f:id:yamahito88:20210711222438j:plain

西江寺に残る尾関正勝の墓塔。

f:id:yamahito88:20210711222603j:plain

三勝寺に残る中世の五輪塔、宝篋印塔の残欠群。

f:id:yamahito88:20210711222645j:plain

西城川の対岸から眺めた三次町。奥の山が比熊山城跡。

f:id:yamahito88:20210711222722j:plain

比叡尾山城麓の熊野神社

f:id:yamahito88:20210711222759j:plain

熊野神社の宝蔵。室町時代末期に三吉氏によって寄進建築されたものという。県指定重要文化財

f:id:yamahito88:20210711222836j:plain

比叡尾山城近くの岩屋寺公園からの眺望。馬洗川沿いに七日市などの市があったとみられる。

f:id:yamahito88:20210711223046j:plain

比叡尾山城近くの光源寺跡に残る墓塔群。城主三吉氏一族のものとみられる。

f:id:yamahito88:20210711223124j:plain

比叡尾山城跡の石積み跡。

f:id:yamahito88:20210711223155j:plain

比叡尾山城跡の主郭の土塁跡。

生田 秀光 いけだ ひでみつ

 石見国阿須那(現島根県邑南町)を拠点とした国人・高橋氏の家臣。家中の有力者の一人。官途名は右馬助。

益田氏のと契状

 文明八年(1476)九月、高橋氏は石見の有力国人である益田兼堯・貞兼父子と、緊密に連携し相互に扶助することを約した契約状を取り交わした。この時、高橋氏当主の命千代は元服前であったため、一族・家臣の有力者16名が円を中心に放射線状に署判を加えている。その一人に「生田右馬助秀光」がみえる(「益田家文書」)。

生田城

 現在の広島県安芸高田市美土里町生田にあった生田城(通称、高橋城)が、生田氏の城と考えられている。江戸期の「国郡志御用ニ付下調書出帳生田村」によると、文政三年(1820)当時、高橋城跡(生田城)は池田右馬頭居城と伝わっていた。

その後の生田氏

 享禄三年(1530)頃、高橋氏惣領家が毛利氏らに滅ぼされる。生田城も毛利氏のものとなったが、天文五・六年(1536,37)には一時尼子方に奪われており、毛利・尼子両氏による争奪戦場となった。

 毛利元就に仕えた生田就光は、高橋一族を示す「大宅朝臣」を名乗った。彼が、高橋一族生田氏の後裔であることが知られる。

参考文献

  • 安芸高田市歴史民俗博物館 編 『令和元年度企画展 「芸石国人高橋一族の興亡」』 2020

 

口羽 光慶 くちば みつよし

 石見国阿須那(現島根県邑南町)を拠点とした国人・高橋氏の家臣。家中の有力者の一人。官途名は下野守。

益田氏のと契状

 文明八年(1476)九月、高橋氏は石見の有力国人である益田兼堯・貞兼父子と、緊密に連携し相互に扶助することを約した契約状を取り交わした。この時、高橋氏当主の命千代は元服前であったため、一族・家臣の有力者16名が円を中心に放射線状に署判を加えている。その一人に「口羽下野守光慶」がみえる(「益田家文書」)。

幡屋

 現在の島根県邑南町口羽の幡屋城跡は、高橋氏の口羽地域支配の拠点として築かれたといわれる。口羽光慶は、この城に在城したと考えられている。

 城の東側集落は土居と呼ばれ、五輪塔や火葬墓が発見され、輸入陶磁器も出土している。城主の居館であったと推定されている。

その後の口羽氏

 享禄三年(1530)頃、高橋氏惣領家が毛利氏に滅ぼされる。その後、毛利一族の志道通良が口羽通良を名乗り、口羽氏を継承。幡屋城東方に琵琶甲城を築き、居城とした。

 かつての高橋氏本拠・石見国阿須那の賀茂神社には、元亀四年(1573)の置札が残されている。これによれば、この年、口羽通良が願主となって大神楽と柱松23本が奉納された。さらに「大宅朝臣奉」との記載があることから、滅亡した高橋氏の鎮魂のために祭儀を行ったと考えられている。

 ただし、実際には「大宅朝臣」が願主で、後に通良の名が書き加えられた、とする見解もある。

参考文献

  • 安芸高田市歴史民俗博物館 編 『令和元年度企画展 「芸石国人高橋一族の興亡」』 2020

f:id:yamahito88:20210629234115j:plain

島根県邑南町口羽の幡屋城跡。高橋氏家臣・口羽氏の居城とみられる。

 

後藤 宗福 ごとう そうふく

戦国期、周防山口を拠点に活動した金工(金属に細工をする美術工芸)の職人。

武氏八幡宮の懸仏

 長門国阿武郡の武氏八幡宮山口県萩市大字上小川東分)には、天正十一年(1583)八月十四日に奉納された如来形坐像の懸仏*1が伝来している。その鏡板の墨書銘には「於防州山口調之作者後藤宗福 八十余歳本願」という文言があり、その作者が周防山口の後藤宗福であったことが分かる。「八十余歳」とあることから、その活動の盛期は天文の初めごろ、大内義隆の治世と考えられる。

岩屋寺の香炉

 宗福の作品は周防の岩屋寺山口県周南市大字下上)にも遺されている。金銅造(銅や青銅に金メッキする技法)の柄をつけた香炉で、柄の裏側に「奉寄進境智院願主後藤宗福山口永禄二年卯月廿八日」との陰刻がある。永禄二年(1559)は天正十一年(1583)の24年前であり、宗福60歳代の作品と推定される。

 この香炉は形もよく整い、蓋・基台や柄の取付け部に見られる彫金・鍛金技術も優れており、凡手でないことがよく判るという。

参考文献

  • 臼杵華臣 「大内氏時代の金工」(山口県立美術館編 『大内文化の遺宝展』 1989)

f:id:yamahito88:20210629224812j:plain

武氏八幡宮の社殿。

*1:鏡に仏像を直接線刻したり、又は薄肉彫りに打ち出したり、貼り付けたりしたもの。

開元 かいげん

 13世紀、金国の武将・蒲鮮万奴が建国した東夏国の首都。ロシア沿海地方のクラスノヤロフスコエ城趾に比定する説がある。

東夏の建国

 1215年(建保三年)、蒲鮮万奴は耶律留哥の反乱鎮圧のため遼東に派遣されたが、同地で自立して大真国を興した。しかし翌年、モンゴルに降伏。その後、本拠地を女真族の故地である上京路の東部に移し、東夏ないし東真の名称で自立を続けた。東遷後の根拠地となったのが、開元と南京の二城だった。

クラスノヤロフスコエ城趾

 綏芬(スイフン)河南岸の丘陵上に立地する大型山城・クラスノヤロフスコエ城趾を、開元に比定する見解がある。同城址は内部の谷を取り込みつつ、丘陵全体に高さ2〜6メートルの外城壁が扇型にめぐっている。城壁の周長は約7キロに及び、沿海地方最大の規模を持つ。

 東夏の領域で、クラスノヤロフスコエ城趾に匹敵する規模を持つ城郭は、中国の吉林省延吉市東郊の城子山山城のみであり、この城は東夏の南京に比定されている。このため、城子山山城と同等規模のクラスノヤロフスコエ城趾が、東夏の首都開元の城郭である可能性は高いとされる。

 クラスノヤロフスコエ城趾の南東隅には、内部をさらに城壁で囲んだ内城が設けられていた。内城の西側は、城内で最も高い部分であり、礎石など大型建物の跡がある。行政や城の運営に関わる機関が置かれた区画と考えられている。また礎石建物からは、分銅、さまざまな鉄器片、坩堝などが出土しており、鉄器の加工が行われたと考えられている。

城趾の年代

 内城の城壁・建物は、遺構の変遷から、三段階の変遷があったと推定されている。まず内城のみが建造され、その後外城壁が付加され現在の規模に増築され、さらに建物の改築が行われたと考えられている。

 第一期は金の時代、第二期以降が東夏段階とされる。城内から出土する分銅の多くに東夏の年号が刻まれており、この推定の裏付けとなっている。

東夏における沿海地方

 また遺構からは、東夏の「天泰七年(1221)十二月」と刻字された「耶懶猛安之印」が発見されている。耶懶猛安は、金の世宗が恤品路(ロシア沿海地方)統治一族の耶懶完顔氏に対して、その故地の耶懶水の名を管轄下の猛安に名付けることを許したことに由来している。

 これにより、この城郭と金の恤品路とのつながり、そして東夏の根拠地の一つが金の時代の恤品路の地であったことが、みえてくる。

東夏滅亡とその後

 なお、1233年(天福元年)に東夏はモンゴルの侵攻により南京が陥落。蒲鮮万奴は捕らえられ、東夏は滅亡した。その後は属国として存立したともいわれるが、モンゴルの支配が強まるにつれ、東夏の城郭は政治的・軍事的役割を失っていった。

参考文献

南京(東夏) なんけい

 13世紀、金国の武将・蒲鮮万奴が建国した東夏国の城郭都市。現在の中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們市長安鎮に所在する城子山山城趾に、比定されている。

東夏の建国

 1215年(建保三年)、蒲鮮万奴は耶律留哥の反乱鎮圧のため遼東に派遣されたが、同地で自立して大真国を興した。しかし翌年、モンゴルに降伏。その後、本拠地を女真族の故地である上京路の東部に移し、東夏ないし東真の名称で自立を続けた。東遷後の根拠地となったのが、南京と開元の二城だった。

城子山山城址の防御機能

 現在のところ、城子山山城址が東夏の南京であったと推定されている。同城址は、豆満河の支流である海蘭河と布爾哈河の合流点北側の山上に立地している。中央がすり鉢状にくぼんだ丘陵全体を取り巻くように楕円状に城壁がめぐり、周長は4454メートル。城壁は自然石を積んで築いてあり、最大で高さ3メートルに達する。地形に合わせて屈曲を付けることにより、横矢掛けを可能にし、防御性を高めている。

 北側には二本の谷が入り、その谷口それぞれに城門が設置されている。この二門には、甕城*1が設けられている。さらに地形を利用して、門の両側が前に張り出す形となっており、横矢掛けを可能にしている。門はその他に、南西部と南部にもあり、全部で4ヶ所となる。

城郭内部と都市の性格

 城郭内部には、階段状に平場が作り出されており、そこに瓦葺き礎石建物が配置されていた。宮殿址と考えられている。それ以外に住居が密集する地区が、数ヶ所確認されている。

 また城内からは、陶磁器、玉器、鉄製品など多数の遺物が採集されている。特に東夏の年号である大同と天泰年間の紀年のある銅印と青銅製の箱蓋が出土しており、その中に「南京路勾当公事之印」が含まれる。このことが、城子山山城址を東夏の南京とする説の有力な根拠となっている。

モンゴル軍の侵攻

 1233年(天福元年)、モンゴル軍の侵攻に対し、東夏の建国者・蒲鮮万奴は南京で抗戦した。『元史』石抹阿辛伝には、攻城の様子が記載されている。モンゴル軍は南京を包囲したが、「城堅如立鉄」と記録されたように非常に堅固であった。そこで西南隅から登って「飛櫓」を破り、そこから大軍を攻め込ませて南京を落としたという。この戦いで蒲鮮万奴は捕虜となり、東夏は滅亡した。

参考文献

*1:主要な門に付属する施設。門の外側に、鍵手状の城壁を付属させて小区画を作り、さらにそこに門を設置したもの。日本の城郭の外枡形に近い