戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

ビヤマグ(肥前) Beer mug

 ビヤマグとは、ビールを飲むために作られた、円筒形で把手(取っ手)のついた器を指す。17世紀以前のヨーロッパでは、ビールを飲む際に炻器や金属器のビヤマグが使われていた。17世紀後半、肥前磁器によるビヤマグが日本からヨーロッパに輸出された。

肥前磁器のビヤマグ

 佐賀県立九州陶磁文化館所蔵の肥前磁器「染付山水唐人文水注」は、把手付の瓶で、ビヤマグと考えられている。高さ19.6センチメートルで、口径は8.0センチメートル。

 このような形はドイツのライン炻器*1や金属器に原型が求められるという。把手の上部には金属製の蓋とつなげるための孔が一つあけられており、蓋を付けて使用したものと考えられている。

ビヤマグの海外輸出

 1661年(寛文元年)、1,100個の日本製ビヤマグと日本製の大きなカップ5,900個を積んだ中国船が、ベトナムの交趾(キナム)経由でバダヴィアに到着している。バダヴィアは東南アジアにおけるオランダの拠点であった。

 オランダの記録では、1662年(寛文二年)、オランダ本国向けに「ビール・ジョッキ計346個」として「染付272個、色絵(金・銀彩)74個」が運ばれた。また同じくオランダ本国向けとして1673年(延宝元年)に「ビール・ジョッキ1,000個、ワイン・ジョッキ1000個」、1677年(延宝五年)には「ビール・ジョッキ(大小)952個、ワイン・ジョッキ(大小)952個」があった。

 ビールはワインに比べて庶民の飲み物だったが、肥前磁器のビヤマグは上流階層が使う高級品だったと考えられる。1681年(天和元年)の銀蓋付の肥前染付手付水注を代表として、1660~1680年代頃の染付や色絵のビヤマグと思われる例は少なくない。

ビールと日本

 ビールは、17世紀初めにはオランダやイギリスといった北ヨーロッパ諸国によって日本に持ち込まれていた。慶長十八年(1613)、平戸に入港したイギリス船が、オランダ人に色々なしきたりを教えてもらった礼として、ビールを贈ったことが『大日本史料』にみえる。

 しかし日本人がビールを知るのは、さらに後だったとみられる。享保九年(1724)、江戸へオランダ人が参府した際の史料に「麦酒を試してみたところ、殊の外味が悪く何の味わいもない」とある。享保十五年(1730)には、将軍徳川吉宗がオランダ人に「和蘭麦酒」を所望している。

 寛政十一年(1799)の『蘭説弁惑』には、「"びいる"といって麦で作った酒がある。食後に用いるもので飲食の消化を助けるという」と記されている。

参考文献

  • 大橋康二 『歴史ライブラリー177 海を渡った陶磁器』 吉川弘文館 2004
  • 岡地智子・福田浩子・山下寿水 編 『はるかなる古伊万里 400年の物語』 広島県立美術館 2021
  • 江後迪子 『南蛮から来た食文化』 弦書房 2004

*1:ドイツのラインラント諸都市で作られた塩釉炻器(塩によって施釉する炻器)。