戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

木谷 景忠 きだに かげただ

 竹原小早川家臣。宮内少輔。小早川弘平に仕え、家中でも高い位置にあったとみられる。

沼田小早川氏との養子契状

 永正十年(1513)四月二十日、沼田小早川興平の次弟・福鶴丸*1を竹原小早川弘平の養子とする際に、沼田・竹原の両小早川氏の家臣たちが連署して養子契状を交換した。 この時、竹原小早川氏側の代表として末長治部少輔敷景、川井大炊助景秀、柚木内蔵人亮武包、神保掃部助景胤とともに木谷宮内少輔景忠が署名して、沼田小早川家臣に契約状を送付している。木谷景忠は、竹原小早川氏の家政にも関わる重臣の一人であったことがうかがえる。

木谷氏の出自

 小早川弘平の父、弘景が15世紀末頃に作成した置文によれば、木谷氏は「天門」(弘景の曽祖父仲義)の代で別れた分家であり、惣領家から知行地を給付される「家子」であるとされている。竹原小早川氏が三津村(木谷・三津・風早)を獲得した正平十三年(1358)頃に、本拠である木村城と連絡する木谷に一門を配置し、木谷氏を名乗らせたと考えられる。

 また置文では、当時の木谷氏当主を「年もひろい」(年をっている)としている。木谷景忠との関連は不明だが、彼と同一人物、もしくはその父であるのかもしれない。

関連人物

参考文献

f:id:yamahito88:20210725161733j:plain

安芸津町木谷の慶寿院にある宝篋印塔と五輪塔群。木谷氏のものと伝わる。

*1:船木常平。沼田小早川扶平の次男。興平の弟。竹原小早川弘平の養子となるが、弘平に実子(興景)が生まれた為、実家に戻り船木姓を称した。