戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

臼杵 うすき

 豊後国臼杵湾の最奥部に位置する港町。永禄五年(1562)頃、大友義鎮によって丹生島城が築かれて以降、大友領国の政治・経済の中心として発展した。

大友領の重要港湾

 弘治元年(1555)から翌年にかけて日本を訪れた明国の鄭瞬功は、『日本一鑑』に豊後の明船寄港地として佐賀関府内などとともに臼杵も挙げている。国際性も持つ重要な港湾であったことがうかがえる。大友氏は貞治三年(1364)、臼杵を同氏直轄領としており、古くから重視していたことが知られる。

大友氏の都市計画

 文禄二年(1593)の「豊後国海辺郡臼杵庄御検地帳」によれば、当時の臼杵には唐人町、畳屋町、唐人懸ノ町、海添中町、横浜町、吉水小路片町、浜町、菊屋町、横町の九町と祇園洲から構成されていた。田畠屋敷総数・404筆のうち、実に375筆が屋敷であるなど、戦国末期には大規模な都市となっていたとみられる。

 臼杵の町は、大友氏の計画的な都市建設プランのもとで、府内の町人を誘致して新たに町立てされたものと推定されている。

国際色豊かな都市

 南蛮、中国貿易を行う大友氏のもとで、臼杵は国際貿易港として発展した。唐人町などには、陳元明*1ら明国からの渡来系技術者をはじめとする外国人が居住・営業していた。

 イエズス会も司祭や修道士を臼杵に常駐させていた。天正八年(1580)には、当時インドのゴアにしかなかったノヴィシャド(修錬院)を臼杵に開設している。

 また唐人懸ノ町に居住した豪商・仲屋宗越は、堺・京都や明人との貿易に従事して莫大な富を得たことで知られる。その屋敷地は、唐人懸ノ町の過半を占めるほどに広大だった。

関連人物

参考文献

*1:臼杵唐人町に住んでいた渡来系の漆喰塗り職人。