戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

府内 ふない

 中世、豊後を支配した大友氏の城下町。大分川河口西岸に位置する。大友氏のもとで国際貿易港として繁栄した。

鎌倉期「府中」の繁栄

 仁治三年(1242)、大友頼泰は「府中」に「新御成敗状」 を発布し、町での押買や大路通行の妨害などの禁止を定めている。鎌倉期には、町人が活発に活動する市町であったことがうかがえる。

国際貿易港

 鎌倉期の「府中」が「府内」と呼ばれ、都市として繁栄を極めたのは戦国期といわれる。その背景の一つに対外貿易がある。大友氏は室町・戦国期の遣明船派遣に関わり、非公式ルートでは対朝鮮貿易や対琉球貿易、対明貿易にも関与していた。

東南アジアとの交易

 15・16世紀、大友氏は、白砂糖や猩々皮など輸入品を、幕府に対して恒常的に贈っている。さらに天正元年(1573)頃の史料からは、大友氏が「南蛮」(東南アジア)に直接貿易船を送っていたことも確認できる。

 また府内の発掘調査では、中国・朝鮮産陶磁に加えてタイやベトナムミャンマー産の陶磁器が大量に出土している。輸入品があふれる当時の府内の活況がうかがえる。

 このため、府内には陳氏をはじめとする渡来系の職人も、「唐人町」などを形成して多く住んでいた。京・堺・博多からも、商人が来住して取引を行っていた。また宗麟がキリスト教を受容した後は、ポルトガル船の来航と宣教師の逗留により、キリシタン文化の拠点ともなった。

町家数五千の大都市

 日本屈指の大都市となった府内について、天正十四年(1586)十一月、羽柴秀吉の部将・千石久秀は「府内之町家数五千計御座候」と報じている。大まかに推計して、当時の府内は数万人規模の人口を抱えていたことになる。そして、まさにこの翌月、府内は島津氏の軍勢に蹂躙されることになる。

関連人物

関連交易品

参考文献