戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

仲屋 なかや

 戦国初期の豊後の商人。大友氏と関係を持ち、対外貿易にも関わったとみられる。戦国末期の臼杵の豪商・仲屋宗越の二代、もしくは三代前の人物か。

大友親治の使者

 文亀元年(1501)六月、管領細川政元重臣・赤沢宗益が、大友親治に宛てたとみられる書状に、「仲屋殿」の名が見える。

 この書状は、親治の贈答に対する返書とみられ、親治が将軍・足利義澄に「織物二端」と「越布三端」を、赤沢宗益へは「鳥目二千疋、段子(緞子)三段、藤(籐)之莚一枚」を贈ったことが分かる。

 そして最後に、豊後に下る「勝光寺」と「仲屋殿」が詳細を申し入れるとしている。「勝光寺」は明応から永正期に、幕府と大友氏との間を往復した使僧。仲屋は、この勝光寺と共にに上洛し、返書を授かったのだろう。

対外貿易との関わり

  この書状にみえる越布や緞子、籐の莚は、中国や東南アジア方面からの輸入品である。大友氏は15世紀前半の持直の時代から、これらの輸入品を幕府中枢部の人物に贈与していた。

 一方で、仲屋氏は、後の仲屋顕通や宗越が対外貿易に関わって巨利を得ている。書状にみえる仲屋もまた、対外貿易に従事していた可能性が高い。

 仲屋が大友氏の使者となった背景には、こ対外貿易による輸入品の販売・流通に関わって、幕府など畿内方面の勢力と交流があったことが考えられる。

参考文献

  • 鹿毛敏夫 「戦国期豪商の存在形態と大友氏」 (『戦国大名の外交と都市・流通―豊後大友氏と東アジア世界―』 思文閣出版 2006 )