戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

南蛮合羽 なんばんかっぱ

 戦国期、ポルトガル人によってもたらされた外套の一種。合羽の語源はポルトガル語の“capa”といわれる。日本には羅紗(毛織物)、もしくは天鵞絨(ビロード)製のものが持ち込まれた。

有馬晴信の進上品

 『上井覚兼日記』の天正十三年(1585)二月廿七日条では、覚兼が肥前有馬晴信が進上した「(南蛮)かんは」について、「蓑之ことく雨降にめされ候ても不苦候御打掛」と説明している。有馬氏は、イエズス会と結んで南蛮貿易を行っていた。南蛮合羽は、その中で入手したとみられる。

 イエズス会も南蛮合羽が、日本で珍重されることを認識していた。ルイス・フロイスは書簡の中で、日本の大身が好むものの一つとして「ポルトガルの羅紗のカッパ」を挙げている。

織田信長の興味

 またフロイスは『日本史』の中で、織田信長が緋色の合羽を箱に入れていたと記している。信長は上杉謙信にも、赤地牡丹唐草文様のビロード製の外套を贈っている。

  フロイスの別の書簡によれば、信長はインドやポルトガルの衣服に興味があったらしい。信長には、「武士、坊主、市民」らから、「緋の合羽」をはじめとする大量の舶来品が贈られたという。

 これについてフロイスは、その量とともに、どうして遠く離れた日本にこれだけの品があるのか、どこでポルトガル人から入手したのかについて驚いている。南蛮合羽をはじめとする南蛮貿易品には、イエズス会も把握できない様々な入手経路があったことが窺える。

参考文献