戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

金平糖 こんぺいとう

 表面に角状の突起による凹凸をもつ球形の砂糖菓子。戦国期、日本に来航したポルトガル人によってもたらされた。語源はポルトガル語のコンフェイト“Confeitos”。

高級なお菓子

 戦国期は、砂糖自体が贈答品としても用いられる高級品であった。金平糖もまた高級品の部類に入り、ルイス・フロイスら宣教師はこの金平糖をガラスの小瓶に入れて贈答品に用いている。

 もっとも金平糖は砂糖の生産地を支配するポルトガル本国においても、高価な菓子であった。1469年(文明元年)、マデイラ島*1の市民が子爵に宛てた手紙には「アルフェニンとコンフェイトはお金持ちしか食べられない」と記されている。

日本人の好み

  永禄十二年(1569)四月、宣教師ルイス・フロイスは京都で織田信長に謁見した際、蝋燭数本とともに金平糖入りのフラスコ一つを贈っている。その後も金平糖入りのガラス瓶を贈っていることが確認できる。

 また天正五年(1577)八月、フロイスは中国から日本へ渡ろうとしている巡察師のアレッサンドロ・バリニャーノに宛てた書簡の中で、日本の大身たちが珍重する物を挙げ、日本での贈答用にそれらを調達して来日するよう助言している。眼鏡や羅紗のカッパ、伽羅沈香などとともに、上等な砂糖漬や蜂蜜、壷入りの砂糖菓子、そして「瓶入金平糖」が挙げられている。日本では、金平糖をはじめとする砂糖系の甘い菓子が好まれていたことが窺える。

 特に宣教師らは、キリスト教の布教活動にからめて金平糖を使ったらしい。17世紀前半に小瀬甫庵の著した『太閤記』は、伴天連が下戸に対しては「かすていら」や「あるへい糖」、「こんべい糖」などでもてなして勧誘していたとしている。

本格的な輸入

 寛永十四年(1637)、オランダ商館長・ニコラス・クーケバッケルの日記によれば、ポルトガル船によって運ばれた品の中に「各種コンペイトウ三千斤(約1800キログラム)」がある。また佐賀藩の坊所鍋島家資料の慶長十四年(1609)頃の条に「沈香十両、コンペイトウ壱斤」を贈られたことについての礼状がある。細川家文書の『萬覚帳』の寛永元年(1624)には、長崎から到来したコンペイトウがみえる。

 『隔冥記』の寛永二十年(1643)には、肥後の人がコンペイトウを京都への土産にしたと記されている。平戸や長崎に陸揚げされたコンペイトウは、各地で贈答品に使われたことがうかがえる。

参考文献

f:id:yamahito88:20210813205539j:plain

赤い金平糖(コンペイトウ)のフリー素材
https://www.pakutaso.com/20111119312post-865.html

 

*1:ポルトガル領、砂糖の一大生産地