戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

志度 しど

 讃岐国志度湾の奥に位置する港町。中世、東讃の水運基地の一つとなった。平安初期創建と推定される志度寺門前町でもあった。

源平合戦志度

 文治元年(1185)二月、屋島の合戦に敗れた平氏は、志度に退いた後に長門に撤退していった。志度は、平安期から海路の要港であったとみられる。

室町期の水運

 文安二年(1445)における関税台帳『兵庫北関入舩納帳』によれば、この年、志度を船籍地とする船が2回兵庫北関に入港している。積荷は米や小麦、大麦で、積載量も30石以下であることから、当時の地域における水運基地としての役割はあまり大きくなかったのかもしれない。

市の賑わい

 一方で志度寺境内で開かれる市は、たいへん賑わっていた。文明五年(1473)八月、細川政国は禁制で院内での伯楽市(牛馬市)を停止している。市が境内の奥に拡大し、院内にも迫っていたことがうかがえる。この市では購入を強要する「押し買い」や賭博も行われていたため、併せてこれらも禁止されている。

埋められた銭

 また文明十二年(1480)、志度寺華厳坊が九貫文(銭九千枚)を備前焼の壷に入れて埋蔵していた。僧侶がこれだけの備蓄をしていた背景には、志度の経済的繁栄があったものと考えられる。

参考文献

  • 香川県史 第2巻 通史編中世』 1989

f:id:yamahito88:20210718120556j:plain

志度寺の仁王門と五重塔。 仁王門は17世紀後半の建立。仁王像は鎌倉期運慶の作。

f:id:yamahito88:20210718120627j:plain

左が志度寺の本堂。江戸初期に建立された。

f:id:yamahito88:20210718120651j:plain

志度寺の書院。

f:id:yamahito88:20210718120715j:plain

生駒親正の墓塔とされる五輪塔。親正は織田信長豊臣秀吉に仕え、讃岐に所領を得た。

f:id:yamahito88:20210718120743j:plain

海女の墓。藤原不比等、房前親子にまつわる伝説にまつわる五輪塔群。

f:id:yamahito88:20210718120815j:plain

志度寺墓地の五輪塔群。

f:id:yamahito88:20210718120840j:plain

志度寺境内の宝篋印塔。

f:id:yamahito88:20210718120905j:plain

志度の港。奥に志度寺五重塔がみえる。

f:id:yamahito88:20210718120934j:plain

志度の町並み。

f:id:yamahito88:20210718121001j:plain

志度の町並み。

f:id:yamahito88:20210718121027j:plain

志度地蔵寺門前の通り。

f:id:yamahito88:20210718121104j:plain

地蔵寺境内の五輪塔群。

f:id:yamahito88:20210718121136j:plain

志度城跡に祀られている五輪塔。城の北と西には濠があったという。

f:id:yamahito88:20210718121212j:plain

石鎚山奉献灯籠。志度の海辺から玉浦川河口にかけて繋留する漁船のするしるべのため、「もとや醤油」初代当主小倉嘉平が弘化三年(1846)建立した。

f:id:yamahito88:20210718121256j:plain

多和神社鳥居前の道。

f:id:yamahito88:20210718121322j:plain

多和神社の石段。

f:id:yamahito88:20210718121346j:plain

多和神社から眺めた志度の町。

f:id:yamahito88:20210718121411j:plain

多和神社の社殿。