戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

瀬戸田 せとだ

 高根島との水道部に面した生口島の北西部に位置する港町。周辺海域の水運の中核として栄えた。

生口小早川氏の港

 南北朝期、小早川氏は庶子家の生口惟平生口島を譲与した。これを契機に瀬戸田は小早川水軍の中核を構成する生口水軍や同氏直属船(生口船)の基地となり、同時に小早川氏領の外港として位置づけられる。

kuregure.hatenablog.com

瀬戸田船の活動

 文安二年(1445)における関税台帳である『兵庫北関入舩納帳』によれば、この年、23回68艘の瀬戸田船、及び生口船が兵庫北関に入港している。これら瀬戸田船の中には3、400石積級、中には500石積級の船もみられ、瀬戸田の水運力がうかがえる。

 積載品は備後塩が合計1万6600石で、瀬戸田船の全運搬量の大半を占め、他の備後諸港と比べても圧倒的に多い。他にも米豆や小麦、赤鰯や鮑、また中国山地から運ばれたと思われる金(鉄)も運んでいる。

 備後塩はその量から、生口島産だけとは考えられない。その他の品とともに瀬戸田に集められたか、瀬戸田船が集荷したとみられる。瀬戸田が周辺地域の水運の中核であったことがうかがえる。

kuregure.hatenablog.com

瀬戸田町衆の活動

 戦国期、瀬戸田の町衆らは活発に活動した。天文四年(1535)、瀬戸田の商人と思われる瀬戸田彦右衛門が、厳島神社の回廊再建の寄進者としてみえる。

 また天文二十四年(1555)には檀越・生口隆平のもと、瀬戸田の町衆が向上寺に梵鐘を寄進している。町衆の繁栄と、彼らに占める向上寺の位置がうかがえる。

kuregure.hatenablog.com

関連事項

kuregure.hatenablog.com

kuregure.hatenablog.com

kuregure.hatenablog.com

kuregure.hatenablog.com

kuregure.hatenablog.com

kuregure.hatenablog.com

kuregure.hatenablog.com

参考文献

f:id:yamahito88:20210708213311j:plain

永享四年(1432)に建立された向上寺三重塔。

f:id:yamahito88:20210708213430j:plain

「浜旦那」の堀内家の住宅。

f:id:yamahito88:20210708213602j:plain

堀内家の住宅の路地。

f:id:yamahito88:20210708213651j:plain

瀬戸田の町並み。

f:id:yamahito88:20210708213743j:plain

堀内家と同じく「浜旦那」の一つ得能家の土蔵。

f:id:yamahito88:20210708213829j:plain

瀬戸田のしおまち商店街にあるしおまち交流館汐待亭。

f:id:yamahito88:20210708213900j:plain

しおまち商店街の一角。

f:id:yamahito88:20210708213927j:plain

瀬戸田港付近。対岸にあるのは高根島。

f:id:yamahito88:20210708213954j:plain

生口神社隣の坂道。

f:id:yamahito88:20210708214021j:plain

夕暮れの生口神社。

f:id:yamahito88:20210708214047j:plain

向上寺の三重塔。

f:id:yamahito88:20210708214115j:plain

向上寺の梵鐘。天文二十四年(1555)に瀬戸田の町衆によって寄進された。

f:id:yamahito88:20210708214152j:plain

瀬戸田の地蔵院の宝篋印塔。鎌倉時代室町時代初期。生口氏関係の墓とみられる。

f:id:yamahito88:20210708214224j:plain

生口島茶臼山城の麓、中野地区の光明寺の墓石群。生口氏のものとみられている。