戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

神奈河 かながわ

 内海(現・東京湾)西岸、帷子川の河口に開かれた港町。中世後期、品河とならぶ内海の主要港として栄えた。

宿場町

 中世における神奈河の港湾部は、帷子川河口部北岸の芝生にあったとされる。そこから青木など滝ノ川河口部にかけて、都市空間が形成されていたと推定されている。

 芝生は、「武州宇宿」や「かたびらの宿」として南北朝期から史料上にみえる宿場町でもあった。神奈河が海陸の交通の要衝にあったことがうかがえる。

帆別銭の徴収

 永和四年(1378)、円覚寺仏日庵造営のための帆別銭徴収が、品河と神奈河の関で行われた。明徳三年(1392)以降は、金沢称名寺金堂の修造料に転用されていることが『武蔵国品河・神奈河両湊帆別銭納帳』から分かる。

 帆別銭は、両湊に入港する船舶から徴収されたとみられる。品河には、伊勢国からの船も来航していた。神奈河にもこれらの船が集まり、活況を呈していたと思われる。

室町・戦国期の繁栄

 室町、戦国期の神奈河には、有力な有徳人も存在した。山内上杉氏*1の家臣・奥山氏や、熊野の檀那である深楢氏、永正十五年の『道者日記』にみえる端山氏、矢野氏などが挙げられる。

 都市的な発展もしていた。文明十七年(1485)、神奈河を訪れた禅僧・万里集九は『梅花無尽蔵』に板屋が連なる当時の様子を記している。

関連人物

参考文献

*1:神奈河を支配下においていた