戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

三国湊 みくにみなと

 越前国の平野部を貫流する大河川・九頭竜川の河岸に位置した港町。中世、越前国の海の玄関口として日本海沿岸部はもとより、海外との交易でも栄えた。

日本海の要港

 7~8世紀、三国湊は渤海国などの海外使節が入港する国際交流の場であった。また平安後期には、九頭竜川流域の荘園年貢の積出港として利用されており、越前の物流の中枢にあった。

 嘉元四年(1306)、三国湊の住人らが「関東御免津軽船二十艘之内随一」の大船の積荷を押領する事件が起きている。この頃、津軽との間で交易が行われていたことが分かる。

戦国期の海外貿易

  天正二年(1574)正月、織田信長北庄薬種商・橘屋に対し、「三ヶ庄」と一乗、端郷、そして三国湊における「唐人之座」と「軽物(生糸・絹織物)座」を認めている。唐人座、軽物座はともに、輸入品を扱う座であったとみられる。三国湊は、このような唐物の輸入を担う国際港であったと思われる。

 『朝倉始末記』によると、天文二十年(1551)には120人の唐人を乗せた明の船が三国湊に着岸したという。「唐人座」の存在を彷彿とさせる。

日本海での交易船

 慶長十三年(1608)、三国湊の廻船問屋・森田弥五右衛門は、六枚櫂船の船一艘について、佐渡において無役で営業してよいという許可を、佐渡の金山奉行・大久保長安から得ている。三国湊はこのような中型船により、日本海沿岸の各港と結びついていたとみられる。

参考文献

  • 永原慶二 「戦国織豊期日本海海運の構造」( 『戦国期の政治経済構造』) 岩波書店 1997