戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

沼津 ぬまづ

 伊豆国中部山間地域から流れる狩野川と、駿河国東部の山間地域から流れる黄瀬川とが合流して海に注ぐ河口部に位置する港町。後背地に東海道が通るなど、水陸交通の要衝の地位を占めた。

伊豆の木材の積出港

 承元二年(1208)、鶴岡八幡宮神宮寺造営に際し、用材が「伊豆国狩野山之奥」*1から伐採されて、「沼津海」に出されている(『吾妻鏡』)。既にこの頃、沼津が木材の積出港となり、駿河湾から相模湾、鎌倉への海上輸送の拠点となっていたことがうかがえる。

今川領国の主要港

 永禄三年(1560)三月、駿河今川義元が、中間藤次郎の新船一艘に対する諸役免除を認めている。その書状には、今川氏領国の主要港と思われる港が具体名で列挙されており、その中に清水や吉原懸塚小河などとともに「沼津」がみえる(「寺尾文書」)。

 永禄十一年(1568)九月、沼津や原を含む大岡荘の「上下商人道者問屋」や諸湊から船で出入りする商人のことについて、今川氏真が被官・山中源三郎の領掌を認めている。同様の内容は天文三年(1534)七月に、今川氏輝も認めている。

 沼津周辺には多くの商人、道者が往来し、彼らと取引する問屋がいた。船運もまた活発であった当時の状況が示されている。

木綿の積出港

 また天文二十二年(1553)、駿河今川氏が御用商人・友野二郎兵衛尉に対して朱印状を再交付している。これによれば、友野氏は江尻、岡宮、原、沼津で「木綿役」の徴収を認められていた。沼津が、周辺で生産される駿河木綿の積出港となっていたことがわかる。

関連交易品

参考文献

*1:「狩野山」は天城湯ヶ島付近に比定されている