戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

田島 たしま

 備後国沼隈半島のすぐ南に浮かぶ田島の西岸、横島との海峡部に位置する港町。中世、海賊衆・因島村上氏の拠点の一つとなった。また塩などの周辺物資の運搬を担う水運基地として栄えた。

因島村上氏の進出

 田島への因島村上氏の進出は、正長元年(1428)、村上備中入道が備後守護・山名時煕から多島(田島)地頭職を得たことに始まる。田島に進出した同氏は天神山城に拠ったというが、その詳細は必ずしも明らかではない。

 因島村上氏の田島進出の背景には、田島が周辺物資の運搬を担う多くの船の所属する水運基地であったことがあるとみられる。

室町期の田島の海運

 文安二年(1445)における兵庫北関の関税台帳『兵庫北関入舩納帳』によれば、この年の田島船の入港は13回を数える。田島船の運搬品のほとんどは備後塩であった。総計で4627石もの備後塩を筆頭に、榑や米、マメ、小麦、赤イワシなどを運んでいる。

 また田島船の内、左衛門九郎や四郎左衛門、掃部三郎をそれぞれ船頭とする船は、350石以上の積載量を持っていた。ある程度大型の船も所属していたことも分かる。

 田島には海外への渡航も可能な大型船舶が所属していた。応仁二年(1468)の遣明船渡航の記録である「戊子入明記」に記された遣明船候補のリストには、田島の宮丸が挙げられている。この宮丸は700石の積載量を持っていた。

関連人物

参考文献

f:id:yamahito88:20210712221649j:plain

明見社付近から眺めた田島の町並み。

f:id:yamahito88:20210712221716j:plain

田島の町並み。

f:id:yamahito88:20210712221746j:plain

田島の町並み。

f:id:yamahito88:20210712221813j:plain

田島の町並み。

f:id:yamahito88:20210712221837j:plain

田島の町並み。

f:id:yamahito88:20210712221905j:plain

天神社近くの町並み。

f:id:yamahito88:20210712221934j:plain

田島の雁木と港。

f:id:yamahito88:20210712222001j:plain

田島と横島の間に架かる睦橋から眺めた田島の港。

f:id:yamahito88:20210712222041j:plain

天神山城跡の遠景。

f:id:yamahito88:20210712222129j:plain

天神山城跡に鎮座する天神社の鳥居と社。

f:id:yamahito88:20210712222159j:plain

天神山城跡頂上部から眺めた田島と横島。

f:id:yamahito88:20210712222232j:plain

常楽院 にある田島村上氏のものと伝わる石塔群。

f:id:yamahito88:20210712222259j:plain

常楽院 の墓地にある宝篋印塔。

f:id:yamahito88:20210712222446j:plain

常楽院 から眺めた田島の町並み。

f:id:yamahito88:20210712222510j:plain

奥之坊の墓地にある宝篋印塔。

f:id:yamahito88:20210712222544j:plain

奥之坊の墓地に並ぶ五輪塔群。

f:id:yamahito88:20210712222616j:plain

田島対岸の横島港。

f:id:yamahito88:20210712222640j:plain

田島対岸の横島の町並み。