戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

藤井 輔縄 ふじい すけなわ

 南蛮流炮術の開祖となった炮術師。一二斎と号した。官途名は河内守。

天下無双の炮術師

 江戸初期の兵学者・日夏繁高は『武芸小伝』の中で、17世紀前後に活躍した炮術の名人として9名の消息を伝えている。その中で津田監物稲富一夢らとともに藤井河内守を挙げている。『武芸小伝』では「藤井河内守は一二斎ともいい、炮術の達人で、末流が諸州にいる」と記されている。

 慶長十七年(1612)六月二十二日、一二斎は明石右衛門大夫に自署の秘伝書「万捨之一集」を授けた。この秘伝書は現存しており、「輔縄」と署名してある。

 同じ時期の秘伝書にも「藤井一二斎輔縄」「天下無双」とみえる。さらに丹波篠山藩の炮術師中山家に伝来の秘伝書には、「きん(禁)中御免天下無双」「天下一、かいざん(開山)藤井一二斎介縄」とある。これらの表題には南蛮流と明記されている。

 上記のことから、次のことが分かる。藤井河内守は一二斎と号し、実名は輔縄あるいは介縄であった。そして天下一、天下無双を称する鉄炮の名人であり、南蛮流の開祖であった。「天下一」「天下無双」は自称ではあるが、その道の第一人者を示す公称でもあった*1

炮術流派・南蛮流の祖

 中山家伝来の慶長十九年(1614)八月の秘伝書の奥書には「生国山城の住」とあり、一二斎の出身地が山城だったことが分かる。 その他、現存する南蛮流の秘伝書によれば、一二斎は年少の頃から炮術の修行に没頭し、長じて諸国を遍歴し、諸流の秘伝を学んで南蛮流の一流を創始したという。真偽は怪しいものの、中国に渡り明師から小筒一流の秘術の伝授を受けて帰国した、というものもある。

 また秘伝書には「秀次様御秘蔵之薬大風乃方」の一節がある。このことから一二斎が羽柴秀次に炮術を教えていた可能性もある。

参考文献

*1:元亀四年(1573)、織田信長は京都奉行・村井貞勝に「天下一号ヲ取モノ、何レノ道ニテモ大切ナル事也。但シ京都諸名人トシテ内評議有テ相定ムヘキ事」と定書を出した。「天下一」の号は諸名人の評議で決定される公許制だった。