戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

池端 重尚 いけばた しげひさ

 大隈国祢寝院の領主・池端清本の嫡孫。弥次郎。父は清住。「唐人」と「南蛮人」の合戦に巻き込まれて不慮の死を遂げた。

「唐人」と「南蛮人」の合戦

 重尚の名は「天文十三年(1544)十一月五日付沙弥清本譲状案」にみえる。この譲状案は重尚の祖父である池端清本が、重尚の弟にあたる又七に対し、池端氏代々の所領を譲ることを記したもの。書状の最後には、清本が又七に所領を譲渡することになった経緯が記されている。

 これによれば、清本の嫡子であった清住は、高岳城の戦いで討死。その嫡子・重尚は小祢寝港*1で「唐人」と「南蛮人」が合戦した際に「手火矢」(鉄炮)にあたって討死した。このため、清住の次男である又七に所領が譲渡されることとなった(「池端文書」)。

ペロ・ディエスが伝える合戦の経緯

 池端重尚が、大隈の小祢寝港において遭遇した「唐人」と「南蛮人」の紛争について、これと符合する記録がヨーロッパに残されている。すなわち「エスカランテ報告」所収の「ガリシア人ペロ・ディエスの情報」に、ペロ・ディエスが日本で遭遇したポルトガル人と中国人の紛争が記されている。

 1544年(天文十三年)五月、中国人のジャンクに乗船して東南アジアのパタニを出港したディエスは、中国の漳州や双嶼などで取引をした後に日本に向かった。港にはパタニに住む中国人所有のジャンク船5隻が停泊し、ポルトガル人が何人か乗船していた。

 そこに100隻以上の中国人のジャンク船が襲い掛かってきた。これに対し、ポルトガル人は4隻の小舟と3門のベルソ(小型の仏郎機砲)、16丁のアルカブス(火縄銃)でもって応戦。中国人のジャンクを敗走させて、多くの中国人を殺した。

kuregure.hatenablog.com

  ディエス情報には、紛争があった港についての記載はない。しかし当時のポルトガル人の来航は薩摩の山川など南九州に限られていたことから、南九州を代表する港であった小祢寝港である可能性は高い。時期も、ディエスが日本に来航した時期と、譲状案が作成された時期とが整合している。

鉄砲伝来翌年の事件

  これらのことから、池端重尚は、天文十三年(1544)の夏か秋ごろ、小祢寝の港において中国人とポルトガル人の紛争に巻き込まれ、鉄炮にあたって討死したということになる。ただ当時の重尚は、祖父・清本の後継者として池端氏当主を継ぐ立場にあったものと思われるが、どのように紛争に関わっていたかは不明。

 種子島鉄炮が伝来したのが天文十二年(1543)頃なので、その翌年には南九州において日本人の目の前で仏郎機砲や火縄銃を用いた大規模な合戦が展開されたことになる。

参考文献

  • 清水紘一「ポルトガル人の種子島初来年次考」(『日欧交渉の起源 -鉄砲伝来とザビエルの日本開教-』 岩田書院 2008)
  • 岸野久「パウロ・デ・サンタ・フェ・池端弥次郎重尚同一人説について」(『ザビエルと日本』 吉川弘文館 1998)
  • 中島楽章 「一五四〇年代の東アジア海域と西欧式火器」(『南蛮・紅毛・唐人ー一六・一七世紀の東アジア海域ー』 思文閣出版 2013)

鹿児島県・南大隅町・根占港 from 写真AC

*1:小祢寝港は、大隅半島南部の領主である禰寝氏の本拠。池端氏は禰寝氏の庶流。