戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

警固屋 忠秀 けごや ただひで

 呉衆・警固屋氏の当主*1。掃部助。文明十年(1478)十月十三日、大内政弘から筑前国穂波郡と嘉摩郡に所領を得た(『正任記』)。

筑前花尾城を攻撃

  文明十年(1478)十月、大内氏麻生家延の篭る筑前花尾城を攻撃した。この時、内藤弘矩の軍勢に「呉・蒲刈・能美三ヶ嶋衆」が加わっていた(『正任記』)。警固屋忠秀もこの戦いに加わって戦功をあげ、上記の所領を大内氏から得たものと思われる。

伊予への転戦

 花尾城在陣中の十月二十六日、伊予の河野通春の援軍要請に応えた政弘によって、「三ヶ嶋衆」に伊予への渡海が命じられた(『正任記』)。忠秀も伊予へと転戦したとみられる。

  文明十年の戦役は、大内政弘が応仁・文明の乱のため上洛していた間、筑前豊前で勢力を拡大した小弐氏らの勢力を駆逐するためのものだった。

 『経覚私要抄』によれば、応仁元年(1467)に政弘率いる大内方の「海賊衆先陣」は「ノウヘ」(能美?)、「クラハシ」(倉橋)、「クレ」、「ケコヤ」(警固屋)であったという。上方では、倉橋多賀谷弘重や能美若狭守らの活動が史料上確認できる。警固屋忠秀もまた、応仁・文明の乱の大内軍の幕下に加わっていたのかもしれない。

参考文献

  • 下向井龍彦 「第三章 中世の呉」 (呉市史編纂委員会・編 『呉市制100周年記念版 呉の歴史』 2002)

f:id:yamahito88:20210725145825j:plain

警固屋氏の城と伝えられる堀城跡の丘陵。

*1:当主の一族の可能性もある