戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

李 王乞 り おうきつ

 中国漳州の海商。16世紀中頃、銀を求めて日本に向かったが、途中で朝鮮軍に拿捕された。

日本に向かう中国海商

 1544年(天文十三年)六月、朝鮮の忠清道・藍浦(ラムポ)の近海に「荒唐大船」*11隻が現れた。藍浦僉使は、賊倭(倭人の海賊)とみなして火砲を放って追い払った。後にこれは中国福建省の唐人が、銀を買うために日本へ向かう途中、嵐に逢って流されたものと分かった(『朝鮮王朝実録』)。

 この事件と符合すると思われる記事が中国明朝の史書『明実録』嘉靖二十三年(1544)十二月の条にある。李王乞らが、貨を載せて「通蕃」(この場合は日本との貿易)しようとし、嵐に逢って朝鮮へ流された。朝鮮王は39人を捕獲して遼東郡司に械送した、とある。

中宗の懸念

 この件に関し、朝鮮李朝の中宗は「興販唐船の日本に往来する者、必ず前後相望む」と述べている。李王乞のような中国の貿易商人が、日本銀を求め、中国と日本との間を盛んに往来している状況がうかがえる。

 実際、この1540年代は朝鮮の史料にしばしば荒唐船が出現している。中国-日本間の貿易活発化を反映しているものとみられる。

参考文献

*1:荒唐船は、倭船か唐船かが不明瞭な海賊船を指す朝鮮側の呼称。