戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

マリア・ペレイラ まりあ ぺれいら

 16世紀末、ポルトガルリスボンに在住していた日本人奴隷。

リスボンの日本人奴隷

 1570年代初頭、当時10歳にも満たない年齢であったマリアは、日本人奴隷としてポルトガルに連れてこられた。その後、二十年以上、リスボンの港に面したサントス修道院の修道女ドナ・フィリッパ・デ・ゲーラに仕えた。

主人の死後

 1596年二月七日、ゲーラは遺言状に、自分の死後にマリアを解放*1するよう書き残している。

参考文献

*1:「解放」は、実際のところ厄介払いである場合も多かったとされる。奴隷が年をとり、仕事ができなくなると、厄介者でしかなくなり、彼らの面倒を見るのを嫌がる主人は、それらの奴隷を「解放」したという。