戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

村上 義忠 むらかみ よしただ

 能島村上氏の一族。官途名は掃部助、あるいは掃部頭村上隆勝の次男。武吉の父。兄に義雅、弟に隆重がいる。

武吉の父

 義忠について「閥閲録(巻22村上図書)」では、義雅早世後の義益と武吉の家督争いについて触れる中で、武吉を「掃部頭義忠カ子、義忠ハ義雅カ弟也」と記している。義忠については、これ以外の情報は無い。

 「閥閲録」より後に編纂された「譜録(村上図書)」においても、武吉を義忠の子としているが、家督争いでは武吉の叔父・隆重(義忠の弟)が幼い武吉の代わりに軍を率いたとしている。

 なお義忠の子武吉は、天文二年(1533)に生まれている *1

村上掃部助

 天文十年(1541)頃、能島村上氏大内氏と敵対しており、同年一月に厳島沖で大内方警固衆と交戦し、六月から七月にかけては逆に能島など芸予諸島の拠点に攻め込まれていた。

 そんな中、大内氏に味方する「村上掃部助」という人物が史料にみえる。天文十一年(1542)四月、杉隆宣、青景隆著、弘中隆兼ら大内氏奉行人は神代兼任に対して、敵方の攻撃を受けている伊予国中島の棚林要害への加勢を指示。渡海の段取りは、小原隆名*2と村上掃部助に相談して進めるよう伝えている。この掃部助を、義忠に比定する説がある*3

参考文献

  • 山内譲 「海賊衆の成立」 (『海賊と海城 瀬戸内の戦国史』 平凡社選書 1997)
  • 山内譲 『瀬戸内の海賊 村上武吉の戦い』 講談社 2005

*1:「譜録(村上図書)」には武吉は慶長九年(1604)八月二十二日に72歳で死去したとあるので、逆算すると天文二年(1533)の生まれとなる。

*2:小原隆名は大内氏家臣。天文十年(1541)の芸予諸島攻撃では、白井房胤らを率いて指揮官を務めた。

*3:義忠の子の武吉、武吉の子の元吉はいずれも「掃部頭」を名乗っている。義忠も「閥閲録(巻22村上図書)」では官途名を「掃部頭」とされている。