戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

多賀谷 武重 たがや たけしげ

 大内家臣。仮名は孫二郎。官途名は宮内少輔。春貞の父。大内氏のもとで警固衆として各地を転戦した。主家滅亡後は毛利氏に仕えた。

大内氏の部将

  武重は若い頃から大内氏のもとで戦っていた。明応八年(1499)八月、豊前小倉津の合戦で負傷。「十五已前幼年之高名」として、大内義興から感状を得ている。

義興上洛に従軍

 永正四年(1507)、大内義興が、足利義伊を奉じて上洛。永正八年(1511)七月、武重は敵方の攻撃を受けた堺南庄(大内氏の拠点)の防衛にあたっている。八月、義興らが京都から丹波に撤退した際にも、堺に残って引き続き守備を担当した。

 その後、大内方は反撃に転じて京都へ攻め込み、船岡山合戦で勝利。義興は翌月の九月二十三日付けの感状で、武重の堺防衛の働きを「感悦重畳」と激賞している。

 武重は堺において、警固衆を率いて味方の収容などを行っていたとみられる。なお、敵方の阿波国の勢力*1船岡山合戦に参戦していなかったともされる。堺における武重ら大内方警固衆が、牽制を加えていたのかもしれない。

尼子方との戦い

  安芸への帰国後は、尼子氏と結ぶ武田氏ら反大内方と戦うことになる。大永二年(1522)三月に武田方警固衆・白井氏の拠点・仁保嶋で海戦し、翌月の佐東上八屋への攻撃においては主力となり、僕従ともども矢傷を負う。

 さらに大永五年(1525)六月、武重は尼子方の国人・野間彦四郎の降伏をまとめたことで義興から感状を得た。野間氏は蒲刈多賀谷氏と同じく伊予から安芸に移ってきた勢力であり、両者が何らかの関係を有していた可能性がある。

毛利氏に属す

 天文二十四年(1555)の厳島合戦前後にける武重の動向は不明。ただ大内氏滅亡後の弘治三年(1557)八月、毛利隆元から長門国美祢郡の2箇所の知行地の安堵を認められている。

参考文献

f:id:yamahito88:20220212222359j:plain

仁保嶋(現在の黄金山)の遠景。大永二年(1522)、武重は武田方の仁保嶋を攻撃した。

*1:大内義興に敵対する細川澄元の被官・三好氏の根拠地。