戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

能美 重友 のうみ しげとも

 大内家臣。仮名は又三郎。官途名は式部丞、後に佐渡守。主家滅亡後は毛利氏に仕えた。

阿武郡防衛戦

 弘治二年(1556)三月、大内義長より「式部丞」の官途名を与えられる。当時の大内氏は天文二十四年(1555)の厳島合戦敗北以後、毛利方の侵攻を受けていた。

 三月二十五日、長門国阿武郡木部郷(現在の萩市大字吉部)において毛利方と合戦。重友は能美土佐守とともに奮戦し、左肩に矢傷を負った。

毛利氏に仕える

 大内氏滅亡後は、毛利氏に出仕。弘治三年(1557)八月、これまで支給されていた9貫文の代所として、長門国美祢郡赤郷3石7斗余、同郡嘉万別府3石、同国大津郡三隅庄1石5斗が毛利氏から与えられている。この代所は永禄三年(1560)十月、毛利隆元から改めて、給地として認められた。

 永禄五年(1562)二月、上記の給地を子の式部丞に譲っており、その旨を毛利輝元が承認している。

参考文献