戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

末永 彌六左衛門 すえなが やろくさえもん

 毛利氏家臣。後に吉川氏家臣となった。元は安芸国矢野の国人・野間氏の旧臣であったともいわれる。

山里要害の城番

 天文二十四年(1555)八月二十二日、彌六左衛門は毛利元就・隆元父子から「山里要害城番」*1を命じられた(「藩中諸家古文書纂」)。指示書の中で父子は、恩賞の給地は子孫も知行できると約束しており、死の危険がともなう任務であったことをうかがわせている。

 同様の指示は西実世新屋実満、蔵田彦五郎らにも出されている。西実世はこの年の四月に滅びた野間氏の旧臣であり、新屋実満および彌六左衛門も同様に野間氏の旧臣だった可能性が指摘されている。

 天文二十四年(1555)八月の「山里」地域は、大内氏(陶氏)とこれに反旗を翻した毛利氏の勢力が対峙する極度の緊張状態にあった。彌六左衛門らが城番となった「山里要害」は、たびたび陶方の攻撃を受けたらしい。ともに城番だった新屋実満は、弘治二年(1556)十月に毛利隆元から山里で給地を与えられている(「閥閲録巻85 新山十郎左衛門」)。

吉川氏に仕える

 彌六左衛門はその後、吉川元春に仕えた。天正五年(1577)六月、元春から吉浦(現在の広島県呉市吉浦町)で田2町60歩、畠5段、屋敷8ヶ所を与えられている(「藩中諸家古文書纂」)。吉浦は野間氏の旧領であり、大永年間には警固衆を率いた野間刑部大輔という人物がみえる(『房顕覚書』)。彌六左衛門は、吉浦にあって吉川氏の警固衆を率いたのかもしれない。

 なお近世の吉川氏家中には、野間家臣を出自とし、岩国転封以前はに居住していたという芦浦氏や阿賀氏、呉氏などの水夫がいた。

 彌六左衛門の没年は不明だが、死去の報に接した吉川元春が家臣の山縣越前守に対し、憐愍をもって召使う旨を彌六左衛門の遺児・彦九郎に伝えるよう命じている(「藩中諸家古文書纂」)。

参考文献

  • 秋山伸隆・表邦男 「厳島合戦前夜の山里合戦と「山里要害」」 (『廿日市の文化』第24集) 廿日市市郷土文化研究会 2011
  • 下向井龍彦「第三章 中世の呉」(呉市史編纂委員会・編『呉市制100周年記念版 呉の歴史』 2002)
  • 呉市史編纂室 編 『呉市史 第一巻』 1956
  • 広島県 編 『広島県史 古代中世資料編Ⅴ』 1980

f:id:yamahito88:20210725151645j:plain

現在の呉市吉浦の眺望。弥六左衛門は、この地に所領と屋敷を与えられた。

f:id:yamahito88:20210725151712j:plain

山里要害の遠景。

*1:「山里」は安芸国西部の山間地域を指す戦国期の呼称。旧佐伯町湯来町に相当する。「山里要害」は廿日市市河原津の中山城跡がその遺構といわれる。