戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

野間 弘宣 のま ひろのぶ

 安芸国矢野の国人領主・野間氏の当主。実名の「弘」は大内政弘からの偏諱か。竹原小早川氏と波多見島領有をめぐって争った。

波多見島への侵攻

  文正元年(1466)三月、野間弘宣は軍勢を動かして波多見島(広島県呉市倉橋島北部)に侵入する。

 同島は応永二十八年(1421)一月に先代の野間公光が実古の「御後家御庵」料として以降、実古の嫁ぎ先である竹原小早川氏の支配下にあった。さらに永享四年(1432)十二月、公光(陽因)は去文でもって。波多見島を竹原小早川盛景に永代譲渡することを約束していた。

大内氏の調停

 竹原小早川側は大内氏に件の去文を提出して抗議したが、事態は解決しなかった。応仁元年(1467)四月に至って「可及弓箭之様」となり、両軍勢は一触即発の状況となった。これに対し、応仁の乱への参戦準備をすすめていた大内氏は、両氏の軍事行動を牽制するとともに、奉行人を呉に派遣して調停を試みる。十二日には、子細を弘宣に布告すべく大内氏奉行人・杉重隆が矢野に向かっている。

  応仁元年七月、大内氏は軍勢を率いて上洛する。野間氏と小早川氏は、上洛の際の同道について、何度も大内氏と約束していた。このため弘宣も麾下の軍勢を率いて上洛したと思われる。

瀬戸城攻略

 しかし同年十一月、野間軍は再び波多見島に侵攻し、上洛で手薄になった同島・瀬戸城の攻略を果たす。竹原小早川はすぐさま大内氏に訴えるものの、京都情勢のこともあり、留守役の大内道頓から「堪忍」を求められる。

 この後、野間氏は大内氏からも事後承諾を得られたとみられ、15世紀末頃まで波多見島の一円支配を継続する。

参考文献

  • 下向井龍彦 「第4節 竹原小早川氏と矢野野間氏の抗争」 (『音戸町誌』 2005)

f:id:yamahito88:20210725151319j:plain

第二音戸大橋から眺めた音戸の瀬戸と第一音戸大橋。瀬戸城は、第一音戸大橋の東詰(画面右側)の 橋脚部にあったといわれる。