戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

紙屋 甚六 かみや じんろく

 相模小田原の紙商人。大和国奈良興福寺の多聞院英俊の日記である『多聞院日記』にその名がみえる。

12年ぶりの奈良

  『多聞院日記』には天正十六年(1588)五月十一日条に「紙屋甚六、相州ヨリ登ルトテ来ル。国紙三帖持チ来ル。十二年帰ラズト申ス。」とある。また同年閏五月十四日条に「甚六、相州小田原ヘ帰ル由申シ来ルノ間、ユエン(油煙=墨)三丁遣ワシオワンヌ」とも記してある。

 甚六が12年前の天正初年頃に奈良を離れ、天正十六年の時点では相模小田原を本拠としていることが分かる。

甚六の活動範囲

  甚六は「紙屋」を名乗り、「国紙」(東国の紙)を多聞院に持参していることから、小田原に居を構える紙商人だったとみられる。関東の紙の主産地は武蔵の小川(埼玉県小川町)・越生(同生越市)方面であり、甚六はこれらの関東の産地から紙を買い入れて小田原で販売していたとみられる。

 また奈良の多聞院英俊を訪問していることから、上方にも販路を持っていた、あるいは販路を広げようとしていた可能性も考えられる。

  戦国期の小田原には、他にも甚六のように上方から移ってきた多数の商人、職人が住んでいた。甚六の例のように、彼らも上方との間を往来し、あるいは遠隔地交易に携わったことが想定される。

参考文献