戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

平池 大隅 ひらいけ おおすみ

 鎌倉末期の讃岐国仁尾の住人。元徳二年(1330)三月二十五日付の人身売買文書中に「平池大隅殿」としてその名が見える。

本拠地

 詫間荘延包名平池を本拠地としていた。嘉暦二年(1327)当時、仁尾村内にも一町四反余の田畠を有していた(公文代某等注進状写「賀茂神社文書」)。

人身売買と飢餓

 元徳二年(1330)三月二十五日付の人身売買文書によれば、仁尾に隣接する草木荘の住人・藤六と姫夜叉女夫妻は8才の千松童を、詫間荘仁尾村の「平池大隅殿」に「直銭」500文で売り渡した。文中には「身命たすけかたく間」「餓身ヲ助からんために」「わか身とも助かり候うへ」「此童も助かり、ワか身ともに助かり候うヘハ」などとある。春期に食料が欠乏する中世社会の飢餓状況を、如実にうかがう事ができる。

 藤六夫妻の住む草木荘と、平池大隅詫間荘は隣接していた。隣の荘園の住人が飢餓状況に陥る状況であってもなお、平池大隅童子を即金で買得することができた。彼が富裕な有力者であったことがうかがえる。平池大隅のその後は不明だが、これ以後、仁尾の有徳な住人による寄進・売買・相博などが、史料上にしばしばみえるようになる。

参考文献

  • 市村高男「中世港町仁尾の実像と瀬戸内海海運」(市村高男・上野進・渋谷啓一・松本和彦 編『中世讃岐と瀬戸内世界 港町の原像:上』 岩田書院 2009