戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

宗貞 むねさだ

 備中笠岡の刀工。15世紀後半に活躍したとみられる。備後の鞆の刀工・貞次の子。笠岡城主・陶山宗兼の招きで笠岡に移住した。

備中国笠岡住宗貞作」

 東京国立博物館所蔵の刀剣の中に「備中国笠岡住宗貞作 文明十三年八月日」と刻銘された脇差一口がある。文明十三年(1481)に、笠岡の刀工・宗貞によって作られたものであることが分かる。

備後鞆から笠岡に移る

  刀工系譜によれば、宗貞は備後のの刀工・貞次の子とされる。宗貞の項には「備州鞆住宗貞作 寛正六年」とある。このことから、宗貞は寛正六年(1465)時点では鞆に居住し、その後、当時の笠岡城主・陶山宗兼の招きに応じて笠岡に移ったものと推定される。

 陶山宗兼は文明十三年(1481)八月朔日に、太刀一腰を将軍家へ献上している。このときの太刀も、宗貞によって作られたものである可能性が高いとみられている。

kuregure.hatenablog.com

kuregure.hatenablog.com

参考文献