戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

富山浦 ぷさん

 対馬対岸の朝鮮半島南部に位置する港町。中世、三浦の一つとして日本の朝鮮貿易の窓口となった。 1407年(応永十四年)以前、朝鮮政府が興利倭船(日本の交易船)の到泊港を富山浦と薺浦に限定したことで倭人の居留が始まる。

三浦での倭人の増加

 当初倭人の滞在は使節や交易のためだった。しかし1420年代半ば以降、恒居倭(居所を構えて長期間居留する倭人)の数は朝鮮側の危惧をよそに増加していく。朝鮮側の調査によれば1494年(明応三年)時点の富山浦の人口は127戸・453人。

 三浦最大の薺浦にいたっては347戸・2500人と、三浦を統括する宗氏の本拠・対馬府中をしのぐ規模であったことが分かる。

倭人たちの活動

 富山浦をはじめとする三浦には、興利倭船が入港して交易を行っており、対馬博多などとは密接な人の往来があった。また明応五年(1496)九月に「ほうらいふさん浦粟屋太郎右衛門国久」が厳島神社に寄進を行っている(「厳島神社廻廊棟札写」)。朝鮮貿易に関わる日本各地の港と結びついていたとも考えられる。

 一方で恒居倭の中には、朝鮮民衆と交易を行い、あるいは掠奪にはしる者や、王都・漢城の「商富大賈」と禁物の密貿易を行う者もいた。朝鮮政府は対応に苦慮している。

唯一の対日本交易港

 1510年(永正七年)、三浦の乱の失敗により、恒居倭は対馬へ撤退する。2年後に対馬からの通行は許されるが、到泊港は薺浦に限定され恒居倭は廃止される。富山浦は1521年(大永元年)、到泊港に加えられた。1547年(天文十六年)に薺浦が停止されて以後は、朝鮮への唯一の玄関口となる。

参考文献

  • 関周一 「朝鮮三浦と対馬倭人」 (小野正敏・五味文彦・萩原三雄 編『中世の対外交流 場・ひと・技術』 高志書院 2006)