戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

十三湊 とさ みなと

 本州北端部である十三湖日本海間の砂州上に立地した港町。十三湖岩木川の内陸水運と蝦夷ヶ島(北海道)に通じる北方交易の中心として栄えた。

津軽安藤氏

 十三湊の成立は13世紀前半に遡るといわれる。鎌倉期以降、蝦夷管領として津軽を中心にに勢力を展開した津軽安藤氏の本拠として、同地域の政治・経済の中心を担った。

瀬戸内海との交流

 十三湊の史料上の初見は、応安四年(1371)に周防国常燈寺で書写された大般若経で、この経典には「奥州津軽末十三湊」の僧・快融が書写したことが記されている。十三湊の僧侶が、遠く離れた周防国の経典施入に関わっていた。

 同時期、今川貞世が『みちゆきぶり』で、尾道について「遥なるみちのく、つくし路のふねも多くたゆたゐたるに」と記している。このことからも、十三湊からの航路は遠く瀬戸内海にまで延びていたことがうかがえる。

京都との外交

 このためか、十三湊を本拠とする安藤氏も中央との結びつきが強かった。応永二十三年(1423)、「安藤陸奥守」は室町将軍に対し、大量の銭とともに馬や鳥、海虎(ラッコ)皮、昆布を贈っている。さらに永享八年(1436)には、小浜の羽賀寺本堂建立に寄進を行っている。

外国船の入港

 江戸期成立の『十三往来』や『御伽草子』には、十三湊に異国船や京船、「北国、又は高麗の船」が入港していたという記述がある。実際に、十三湊遺跡からは大量の中国製の青磁白磁や、高麗青磁などの輸入陶磁、そして珠洲、越前、常滑、瀬戸などの国産陶磁が出土している。十三湊の広域流通を彷彿とさせている。

参考文献