戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

小河 こがわ

 駿河湾西岸の朝比奈川河口部に位置する港町。現在の城之腰・鰯ヶ島地域に湊があったと推定されている。古くから周辺荘園の物資積出港として広域流通の拠点を担った。

京都への海路輸送

 応永二十年(1413)と推定される遠江守護代・甲斐祐徳の書状によれば、小河の南、大井川下流域に位置する南禅寺領初倉荘の年貢米が小河に運ばれている。この年貢米は、小河からさらに京都南禅寺へと漕送されたと思われる。

万里集九の見た小河の繁栄

 文明十七年(1485)九月、禅僧・万里集九は懸塚から船で小河に入った。彼は『梅花無尽蔵』の中で、道路は汚れ、足の踏み場も無いと町の様子を記している。また外来船が港で迷い、停泊に手間取ったこと、小河に大船が多かったことも記している。当時の小河は、海運の拠点として繁栄していたことがうかがえる。

 15世紀前半、小河には烏帽子屋道慶という屋号を持つ商人が居住していた。商業も盛んであったことがうかがえる。

明応大地震による壊滅と復興

 しかし、明応七年(1498)八月、明応大地震と、地震によって発生した巨大な津波が太平洋沿岸を直撃する。小河の被害は壊滅的であり、「只、河原ノ如ク成リテ」(『日海記』)や「小川悉損失ス」(『妙法寺記』)という有様となった。

 その後、大永六年(1526)、連歌師・宗長が小河の有徳人・長谷川元長をたずねて和歌千句を詠んでいる。この頃までには、復興を果たしていたと思われる。なお現在の小川城遺跡は、長谷川氏居館跡と推定されている。

 また永禄三年(1560)三月、駿河今川義元が、中間藤次郎の新船一艘に対する諸役免除を認めている。その書状には、今川氏領国の主要港と思われる港が具体名で列挙されており、小河はその一つとしてみえる(「寺尾文書」)。

参考文献