戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

大浜 おおはま

 西三河の重要河川である境川矢作川の両河川河口部に位置する港町。内陸水運と三河湾、伊勢海との結節点を担った。

 奥三河や美濃の山中などで伐り出され、境川矢作川を下して運ばれる材木の積出港であったと推定される。室町・戦国期には、多くの船が集う物資の集散地であった。

大小の船が往来する港

 応永二十八年(1421)、大浜一帯を支配する領主・和田氏から大浜称名寺(大浜御道場)に出された寄進状には、項目の一つに「船問料大舟小舟事」とある。このとき既に、大浜は大小の船舶が入港する港であった。さらに称名寺が、入港船から「問料」を徴収・管理する問丸の機能を担っていたことも分かる。

木材の集積地

 また同史料には、「材木船公事」「惣材木事」ともある。河川上流の内陸部の木材や、海運による遠隔地からの移入材が、大浜に集積されていたことがうかがえる。

 大浜には熊野社があり、応永十六年(1409)の史料にも熊野那智社の檀那が大浜にいたことがみえる。このことから、良材の産地である熊野から海運で木材が運ばれてきたとも考えられる。

松平氏の進出

 戦国期、和田氏が衰退する中で、勢力を拡大させた松平氏も、信忠や孫の元康が、港町・大浜を支配する称名寺に寄進を続けて掌握に腐心している(「三河称名寺文書」)。

参考文献