戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

津島 つしま

 中世、及川と墨俣川の合流点に位置した港町。水陸交通の要衝として、また津島社(牛頭天王社)の門前町として栄えた。

尾張国の西の玄関口

 『海道記』の著者は、貞応二年(1223)四月、「津嶋渡」を経て尾張国に入ったと記している。当時、津島が渡し場で、尾張国の西の玄関口であったことが分かる。

宗長が見た津島

 大永七年(1527)三月、連歌師・宗長は、苅屋から陸路を守山、熱田、鳴海、清州と通過し、津島の正覚院に一泊した(『宗長手記』)。

 宗長は手記に、津島の様子を書き留めている。これによれば、津島社の鎮座する向島と津島を結ぶ天王橋は、三町(約327m)あまりもあった。及川、墨俣川の合流点は「近江の海」(琵琶湖)のようで、橋のたもとには舟十余艘も浮かんでいたとしている。宗長はここから「河水三里(約12km)ばかり」の桑名へと向かっている。

 巨大なインフラが整えられ、また桑名へと至る渡航地としても栄える津島の姿を知ることができる。

津島社と織田氏

 津島社は、古くから尾張国内で強く信仰されていた。戦国期には津島を支配する織田弾正忠家の庇護下にあって、同家の勢力拡大とともに信仰圏を広げていた。

 天文二年(1533)七月、飛鳥井雅綱と山科言継の一行は、桑名から津島に入り、そこで勝幡城織田信秀とともに、津島社を「見物」している。天文十三年(1544)には、連歌師・谷宗牧も桑名から「川舟」で津島に入って、津島社で興行している(『東国紀行』)。

 津島には先述のような各地からの参詣客、見物客も多く訪れるようになった。彼らや各地を巡る同社の御師がもたらす物品もまた、津島の繁栄を支えていたと思われる。

参考文献

  • 綿貫友子 「尾張・参河と中世海運」 (『中世東国の太平洋海運』 東京大学出版会 1998)
  • 小島廣次 「津島とお天王さま」 (『海と列島の文化8 伊勢と熊野の海』 小学館 1992)