戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

石寺 いしでら

 南近江の戦国大名・佐々木六角氏の本拠城である観音寺城の城下町。同氏の隆盛とその経済政策のもとで、楽市が立てられるなど南近江の経済の中心として栄えた。

街道の宿場

 石寺は、京都と美濃を結ぶ中山道の宿場としての機能を持っていた。天文七年(1538)、大徳寺の使僧の算用状には、「四十八文、ハタコ(旅籠)観音寺宿」などとある。また『言継卿記』弘治二年(1556)九月十二日条にも「観音寺之麓石寺宿迄来了」とある。

観音寺城の城下町

 観音寺城は、南北朝期から使用が確認される。その城下町である「石寺」の初見は、文明元年(1469)八月の「山内政綱感状」にある「石寺合戦」である。この頃までに、城下町としての形成が進んでいたとみられる。

 六角氏の権力が隆盛を迎えた16世紀前半に、石寺も最盛期を迎えた。天文二年(1533)には、「石寺のくきぬき(釘貫=防衛施設的な門)」のための材木調達が行われるなど、インフラ整備が本格的に行われている。

六角氏の経済振興

 また石寺の内には、広域流通に携わった保内商人の拠点とみられる「保内町」も形成されていた。さらに天文十八年(1549)、枝村惣中への書状の中で、「石寺新市」は「楽市」であることが示されている。

 このように石寺では六角氏による経済振興策がとられていた。流通の拠点や活発な市場としての繁栄が推定される。しかし永禄十一年(1568)の織田氏による六角氏の駆逐以後、石寺は衰退に向かい、後に安土や八幡などに吸収されたとみられる。

参考文献