戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

坂本 さかもと

 琵琶湖南西岸に位置する港町。湖北の港から運ばれる物資の陸揚げ港を担うとともに、比叡山延暦寺日吉大社門前町として栄えた。

湖西の大都市 

 坂本には一般民に加え、僧や職人、参詣者など多数の人間が居留していた。建暦元年(1211)の大火では、在家二千軒が罹災したとされる。当時、膨大な人口を抱える消費都市であったことがうかがえる。

坂本の運送業者・商人たち

 また中世、坂本や大津には貢納物を保管する「問」や、運送業者の馬借・車借がいた。彼らにより、物資は近郊や大消費地・京都へと運ばれた。

 応永三十三年(1426)、北野社を本所とする京都麹座が酒の製造、販売を独占したことにより、洛中の米価が暴落した。これに抗議して、坂本の馬借が北野社、祇園社に乱入するという事件が起きている。

 ここから、従来京都での酒米は、坂本経由で運ばれていたと推定される。米の価格変動が発端となっていることから、坂本の馬借は米商人も兼ねていたのだろう。

 彼らは土一揆徳政一揆の主体となり、また延暦寺の先兵として幕府等と対峙する一大勢力でもあった。その根拠地である坂本は、畿内における流通、政治上の重要都市であったと思われる。

比叡山焼討ち

 元亀二年(1571)九月、織田氏比叡山焼討ちにより、坂本もまた大きな被害を受ける。『日吉兵乱火災之記』によれば、「坂本町々人家寺庵」が焼失したとされる。その被害とともに、複数の町で構成される大きな都市であったことが分かる。

 その後は、明智光秀の安定した治下で城下町として栄える。

参考文献

  • 綿貫友子 「中世の都市と流通」 (『日本の時代史11 一揆の時代』) 吉川弘文館 2003