戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

石銀 いしがね

 石見銀山の鉱山町。石見銀山は大永六年(1526)の銀鉱脈発見以降、世界屈指の銀採掘量を誇った。

灰吹法導入による転機

 天文二年(1533)、最新の銀精錬技術・灰吹き法が導入され、銀が爆発的な増産をみた。これにより鉱山町も多数の鉱山従事者、各地から集まる商人を抱える巨大な消費都市となった。

 『銀山旧記』によれば天文十一年(1542)八月四日の洪水で「溺死千三百余人、その他他国から来ている者其数を知らず」という状況であった。既に多くの人間が、銀山に集まっていたことが分かる。

 銀山には市場も設けられるようになっていた。石見国鋳物師頭領の山根常安の書状には、常安が鋳物師に役を納めるよう銀山の「市町見世棚」に命じたと記されている。

消費都市

 天文二十一年(1552)には、杵築の有力商人・坪内氏が尼子氏から銀山屋敷五ヶ所を与えられている。銀山に消費が見込める発展した町場が、形成されていたことがうかがえる。この坪内氏は、石見国内に米、酒、塩、味噌、肴、絹布、鉄を運び込んでいるが、これらのほとんどが銀山で売却されたという。

 天正三年(1575)、島津家久は伊勢参詣の帰路で銀山に滞在した。この時、家久の宿所には大隅国加治木の商人が挨拶に訪れており、九州南部に至る広域流通の端点となっていることがわかる。遺跡からは16世紀後半の中国陶磁や16世紀末から17世紀はじめの唐津焼伊万里焼などが発見されている。銀山と九州海域との結びつきを裏付けている。

関連人物

参考文献

  • 井上寛司 「中世山陰における水運と都市の発達ー戦国期の出雲・石見地域を中心としてー」(有光有学・編 『戦国期権力と地域社会』  吉川弘文館 1987)

f:id:yamahito88:20210720223119j:plain

仙ノ山龍源寺間歩近辺の居住区跡。

f:id:yamahito88:20210720223143j:plain

佐毘売山神社の参道。

f:id:yamahito88:20210720223211j:plain

山吹城頂上部から眺める日本海

f:id:yamahito88:20210720223406j:plain

山吹城址から眺めた大森の町。

f:id:yamahito88:20210720223438j:plain

かつて山吹城の大手門であったと伝えられる西本寺の山門。

f:id:yamahito88:20210720223505j:plain

鉱山町である大森の町並み。石州瓦の赤と白壁の町並みが残っている。

f:id:yamahito88:20210720223525j:plain

大森の町並み②。

f:id:yamahito88:20210720223547j:plain

大森の町並み③。

f:id:yamahito88:20210720223619j:plain

近世の大森代官所跡。

f:id:yamahito88:20210720223649j:plain

城上神社の拝殿。