戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

横田 よこた

 石見西部、高津川と匹見川の合流点付近に位置した市町。 匹見川と高津川の両河川の流域の物資集散地として、益田氏の本拠・益田本郷と内陸部をつなぐ交通の要衝として栄えたとみられる。

市町の繁栄

 天正十九年(1591)の「益田元祥領検地目録」庄内方の項に「代五貫弐百文 横田市地銭」、また「屋敷数六百十四カ所 市屋敷共ニ」とみえ、当時の横田に市町が栄えていた様子がうかがえる(「益田家文書」349)。現在も市原、上市、中市等の地名を検出できる。

  匹見川上流の匹見郷や高津川水系上流の吉賀、津和野など河川上流域の物資集散地として、またこれら地域と高津(日本海に臨む高津川河口の港町)、あるいは益田本郷(国人益田氏の本拠)を結ぶ交通の要衝として発展したとみられる。

kuregure.hatenablog.com

山陰と山陽の交通

 文明十五年(1483)四月、石見から安芸に向かう室町幕府奉行人の行動から、匹見郷または吉賀を経由して安芸に入るという2つのルートが当時あったことが分かる(「益田家文書」57)。これらのルートは安芸の山里地方を経て安芸西部の要港・廿日市へとつながっていた。

 年未詳二月、遠国に在陣中の益田藤兼が、石見滞在中の糸賀惟秀廿日市を拠点とし、商業活動にも従事した旧神領衆)に自分の留守中の「入魂」(昵懇)を依頼している。両者が以前から親密な関係にあったことがうかがえる。

中世市町の終焉

 慶長四年(1599)の検地の史料には、横田の市がみえない。一方、益田本郷の屋敷数の増加がみられる(「益田家文書」354)。

 当時、益田本郷は七尾城や三宅御土居の城下町として、益田氏被官の集住が進んでいた。生活物資の需要増に対応する為、横田など周辺の市町から益田本郷に町人が流入し、横田など中世の市町は衰退したとみられる。

kuregure.hatenablog.com

参考文献

  • 井上寛司 「中世山陰における水運と都市の発達ー戦国期の出雲・石見地域を中心としてー」(有光有学・編 『戦国期権力と地域社会』  吉川弘文館 1987)
  • 光成準治 「有力国人と地域社会-石見益田氏を中心に」 (『中・近世移行期大名領国の研究』 校倉書房 2007)
  • 秋山伸隆 「室町・戦国期における安芸・石見交通」 (『史学研究』218 1997)

f:id:yamahito88:20210725001741j:plain

守源寺から眺めた横田の町。現在でも「上市」などの地名が残る。

f:id:yamahito88:20210725002021j:plain

横田上市の町並み。

f:id:yamahito88:20210725002122j:plain

匹見川と高津川の合流点。

f:id:yamahito88:20210725002241j:plain

横田の町と水路。

f:id:yamahito88:20210725002344j:plain

豊田城の遠景。

f:id:yamahito88:20210725002554j:plain

豊田神社の社殿。