戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

大砲(イギリス) たいほう

 イギリスの大砲製造は、15世紀末頃から始まった。国王の援助もあって、16世紀半ば以降、イギリス製の鋳鉄砲はヨーロッパで高い評価を受け、主要な輸出品のひとつとなった。

イギリスの大砲製造と輸出

 大砲生産は順調に発展し、1573年にはサセックスに8基、ケントに1基の炉を設け、年間500~600トンの鉄が大砲やその砲弾に鋳造されていた。1600年頃には年間生産量は800~1000トンに増加していた。

 高い生産力と評価を獲得したイギリスの鋳鉄砲は、16世紀後半の数十年から17世紀初めの数十年の間、オランダ、スペイン、フランス、スウェーデンデンマークにも輸出されるようになった。

日本への移入

 イギリスの大砲は大阪冬の陣の際に、日本にも移入された。慶長十九年(1614)十二月五日付でリチャルド・コックスが平戸から東インド商会に送った書簡によると、カルバリン砲4門、セーカー砲1門が千四百両で、他にも火薬十樽、鉛一万一千斤が徳川家康によって買い上げられた。

参考文献