戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

有平糖 あるへいとう

 砂糖を煮て作られた飴の一種。戦国期、ポルトガル人によって日本にもたらされた南蛮菓子の一つ。語源はポルトガル語のalfeloa(アルフェロア:糖蜜から作られる茶色の棒状の菓子)ともalfenim(アルフェニン:白い砂糖菓子)ともいわれる。

高級菓子アルフェニン

 アルフェニンは、ポルトガルの砂糖生産の一大拠点であったマデイラ島においても高価な菓子だった。1469年(文明元年)、マデイラ島の市民が子爵に宛てた手紙には「アルフェニンとコンフェイトはお金持ちしか食べられない」と記されている。

 また1515年(永正十二年)にはマデイラ島フンシャルの領主、シモン・ゴンサルヴァス・ダ・カマラから、ローマ教皇レオ10世へ、アルフェニンで作られた枢機卿たちの等身大の人形が贈られている。

日本で好まれた南蛮菓子

 有平糖と同じく南蛮の砂糖菓子である金平糖(コンフェイト)は、永禄十二年(1569)四月に宣教師ルイス・フロイスから織田信長に贈られている。このフロイス天正五年(1577)八月に巡察師のアレッサンドロ・バリニャーノに宛てた書簡の中で、金平糖や上等な砂糖漬や蜂蜜、壷入りの砂糖菓子などを日本の大身たちが珍重する物の例として挙げている。当時の日本では、砂糖系の甘い菓子が好まれていたことがうかがえる。

饗応の献立

 史料上では、天正九年(1581)六月に織田信長徳川家康を饗応した献立に「御菓子」として「あるへいとう」が挙がっている(『御献立集』)。

「こなたへ御かへし被成候へく候」

 後水尾天皇中宮東福門院徳川家康の孫娘)が一条兼遐(後水尾天皇の弟)に宛てた手紙に、「あめ」について書かれたものがある。

 約束していた「此あめ」を兼遐が取りに来ないので、持って行かせて進上することを伝えている。しかし「たゝし入候ハす候ハ、こなたへ御かへし被成候へく候」(ただし、ご入用がなければ返してください)とも述べている。中宮にとってもよほどた貴重な「あめ」であったことがうかがえる。

 この「あめ」は、見ためにも美しい有平糖であったとも考えられている。

参考文献

  • 荒尾美代 「南蛮菓子と砂糖の関係」 2005(ALIC-農畜産業振興機構|砂糖類情報)
  • 江後迪子 『信長のおもてなし 中世食べもの百科』 吉川弘文館 2007
  • 赤井達郎 『菓子の文化誌』 河原書店 2005