戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

呂宋壷 るそんつぼ

 16世紀末から17世紀初期にかけて、主に茶道具として日本で珍重された陶器。中国南部や中部ベトナムで作られた雑器であるが、ルソン島を経由して輸入されたため、このように呼ばれた。呂宋壷は現地では安価な日用品であったが、日本では茶人の評価が高く、主に葉茶壷として破格の値段で取引された。

スペイン人のマニラ占領と中国商人

  1567年、中国・明政府が海禁政策を廃止(対日貿易は禁止)したことを受け、中国-東南アジア間の貿易が活発化した。特に1570年にスペイン人がマニラを占領し、スペインの新大陸領から大量の銀が流入したこともあり、中国商人の活動が活発となった。彼ら中国商人により、多くの陶磁器が持ち込まれていた。

kuregure.hatenablog.com

納屋助左衛門と呂宋壷

  この時期、日本の商人も東南アジアへの進出をはじめていた。『太閤記』巻十六によれば、「泉州堺津菜屋助右衛門」(納屋助左衛門)は、文禄二年(1593)、ルソンに渡航。翌年帰国した際に堺代官・石田杢助を通じて、豊臣秀吉に唐の傘、蝋燭千挺、生た麝香鹿二匹を献上している。この時、助左衛門はさらに、「真壺」(呂宋壷)五十個を秀吉に披露した。

 『太閤記』では、この場面を「則、真壺(呂宋壺)五十懸御目しかハ、事外御機嫌にて、西之丸の広間に並へつつ、千宗易などにも御相談有て、上中下段々に代を付せさられ、札を押、所望之面々たれゝゝによらす執候へと被仰出なり」と描写する。

 秀吉は千宗易をはじめとする側近の豪商茶人の目利きによって、輸入の真壺(呂宋壺)に「上中下」といった等級を付けて、「名物」としての付加価値を与えていた。

スペイン人が見た呂宋壷

 16世紀末から17世紀初頭の状況を記したアントニオ・モルガの「フィリピン諸島誌」には、マニラから日本商人が搬出する商品として金や生糸、蘇木、ワインとともに「大きな壷」が挙げられている。マニラに来航する日本商人によって、多くの呂宋壷が日本に輸入されていたことがうかがえる。

参考文献

  • 大橋康二 『歴史文化ライブラリー177 海を渡った陶磁器』 吉川弘文館 2004
  • 竹本千鶴 『織豊期の茶会と政治』 思文閣出版 2006