戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

木綿(駿河国) もめん

 駿河国において生産された木綿。

贈り物に使われる

 『言継卿記』によれば、弘治三年(1557)、駿河国に滞在していた公家・山科言継は、矢部縫丞から「木綿二端」を贈られている。さらに永禄九年(1566)、京都に戻っていた言継は、駿河国の新光明寺住持・忍誉からも木綿一端を贈られておいる。駿河国において、贈答用にも用いられる品質の木綿が生産されていたことが分かる。

港町での木綿役徴収

  天文二十二年(1553)、駿河今川氏の御用商人・友野二郎兵衛尉が今川氏から再交付された朱印状によれば、友野氏は馬番料として木綿25端を今川氏に納めることを条件に、江尻、岡宮、原、沼津で「木綿役」(木綿への移出税)の徴収を認められている。今川氏領国内において、これらの港町が木綿の積出港となっていたとみられる。

 この友野氏の権利は元亀元年(1570)、駿河に進出してきた武田氏にも「木綿之役」として認められている。今川氏、武田氏がそれぞれ「木綿役」、「木綿之役」として特別に挙げていることから、駿河において木綿が重要物資の一つだったことがうかがえる。

参考文献

  • 永原慶二 『芋麻・絹・木綿の社会史』 吉川弘文館 2004