戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

南蛮餅 なんばんもち

 江戸初期成立の『南蛮料理書』にレシピの記載がある。小麦粉、黒砂糖、葛粉を少し入れてこね、蒸した後に切る、とされている。

織田信長への贈り物

 『南蛮料理書』と同じであるかは不明だが、南蛮餅という食べ物は天正年間には存在した。天正十年(1582)三月、上賀茂神社賀茂別雷神社)から織田信長への贈り物*1の一つに「なんはんもち(南蛮餅)数百」がみえる(「天正十年三月文分職中算用状」)。他には馬の飾りや串柿、「まめあめ」、「ひらひくり(平干栗)」などが贈られている。

饅頭より安価

 なおこの時、上賀茂神社は百個の南蛮餅の調達に銭換算で200文を支出している。1個あたり2文という割り切れる値段であることから、当時南蛮餅は1個ずつ販売されていた可能性がある。同じ天正年間、上賀茂神社は饅頭1個を3文、薄皮饅頭1個を4文で購入しているので、南蛮餅の価格は比較的安いものだった。

参考文献

  • 金子拓 『戦国おもてなし時代 信長・秀吉の接待術』 淡交社 2017

*1:イエズス会巡察師・ヴァリニャーノは、日本の領主への贈り物について「信長並びに豊後の王にしているように、南蛮風の何かを贈る」と良い、と記している。