戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

琉球焼酒 りゅうきゅうしょうしゅ

 琉球王国で製造された、米を原料とする蒸留酒。いわゆる泡盛。一般的な米焼酎が白麹菌を使用するのに対し、黒麹菌によって発酵を行うことを特徴とする。

那覇港の酒庫

 1462年、『朝鮮王朝実録』にみえる朝鮮の肖得誠らの見聞によると、「那覇港内の城に酒庫があり、清、濁の酒及び一年、二年、三年寝かせた酒が貯蔵されていた」とある。既に琉球では泡盛の古酒のようなものが、製造されていたことがうかがえる。

薩摩島津氏への贈り物

  琉球はこの琉球焼酒を薩摩島津氏への進上物としており、永正十二年(1515)に唐酒、南蛮酒とともに琉球焼酎を贈っている。

 島津氏の重臣・上井覚兼が記した『上井覚兼日記』によれば、天正十三年(1585)五月にも琉球使節が国王からの進物として食籠や紅花、絹子、太平布などとともに「焼酒蠻甕」が贈られている。

 また琉球使節を迎えての饗宴でも飲まれた。天正三年(1575)四月、「琉球より之御酒」がふるまわれ、その後、三味線による演奏と歌も催されている。

希少なお酒

 天正十三年(1585)年五月、島津義弘から「琉球焼酒」をふるまわれた覚兼は、これを「珎(珍)酒」として他の家臣とともに礼を言って賞味している。琉球焼酒は、薩摩においても希少だったことがうかがえる。

  島津氏はこの希少な琉球焼酎を自身の贈り物にも用いていたとみられる。同氏による琉球侵攻の後であるが、慶長十七年(1612)、島津氏が将軍に「焼酒二壷琉球酒 砂糖五桶」を献上したことが『駿府記』にみえる。

参考文献