戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

土佐弓 とさゆみ

 木材の産地として知られる土佐国において、弓はその副業的手工業製品として製作されたとみられる。戦国期には「土佐弓」とも呼ばれ、有力者間の贈り物にも用いられた。

乃美宗勝と「土佐弓」

 南予愛媛県南部)の黒瀬松葉を本拠とする西園寺公広は小早川家臣・乃美宗勝に対し、八月一日の八朔儀礼の祝儀として「土佐弓」10張を贈っている(「浦家文書」)。南方の土佐国から入手したものとみられる。

 また天正十一年(1583)、海賊衆・能島村上氏乃美宗勝に対して土佐弓を贈っており、これに対し宗勝は「殊土佐弓五張披懸御意候」と礼を述べている(「屋代島村上文書」)。少なくとも宗勝にとって、土佐弓は心遣いが感じられる贈り物であったことがうかがえる。

土佐一条氏

  土佐国の領主層も、弓を贈り物に用いた。土佐国幡多荘の領主・一条氏は天文八年(1539)七月、京都の一条氏へ弓20張、同十六年(1547)正月十三日に大坂本願寺に弓50張を送っている(『天文日記』)。

 また「証如上人書札案」天文九年(1540)十二月二十一日付の町宛書状案にも、土佐一条氏が本願寺に弓を送ったことがみえる。 土佐国幡多荘でも弓が製作されていたのだろう。

堺商人による購入

 土佐一条氏と本願寺との間では、堺商人が往復して書簡等を届けていた。このことから堺商人が、弓の商取引にも関わっていたことが推定されている。

 天文五年(1536)の「津野旦那帳」によれば、須崎市分には堺商人とみられる「さかいあき人 たるや与五良殿」が初穂料を太布1端と弓木19張で納めたことが記されている。須崎の市で購入した商品の一部を、納入に充てたものと考えられる。このほか、「津野旦那帳」には、弓を納めた例が3件記されている。

参考文献