戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

1.都市-02.中国地方

塩冶 えんや

出雲山間部から出雲平野を貫流する斐伊川、神戸川の両河川が通過する要地・神門郡塩冶郷の市町。中世、出雲西部の有力国人・塩冶氏のもとで河川水運・流通の拠点として栄えたとみられる。

宇竜 うりゅう

島根半島西端部に位置する港町。中世、杵築社領十二郷七浦の一つ。戦国期、雲州鉄の積出港として各地からの船が来航した。

杵築 きづき

杵築大社の外縁に形成された門前町。当時は日本海にも注いでいた斐伊川河口の「湊」とも一体となって、出雲平野・日本海水運の要衝を占めた。

来島三日市 きじまみっかいち

出雲・石見国境域の市場町。現在の島根県飯石郡飯南町野萱字三日市。山陽と山陰を結ぶ陰陽交通の幹線路である出雲路(備後路)が縦貫する要衝に位置している。北方の下三日市大前原では、慶長年間に牛馬市が始まったという。

刺鹿 さつか

石見国安濃郡に中世まで存在した波根湖という潟湖の、南岸に位置したとみられる港町。現在の波根湖は近世からの干拓事業によって水田となっている。その立地から、後背の山間部や大田さらには石見銀山と日本海とを結ぶ水陸交通の要衝であったと思われる。

波根 はね

石見国安濃郡に中世まで存在した波根湖という潟湖の東岸に位置したとみられる港町。 現在の波根湖は近世からの干拓事業によって水田となっているが、大田市波根町に残る地名「大津」がかつての波根の港だったと推定されている。

鞆ヶ浦 ともがうら

石見銀山から街道で最短距離にあるリアス式海岸の入り江に臨む港町。石見銀山の初期の積出港としてにぎわった。入り江の入口には鵜島があって天然の防波堤となっており、波静かな港を形成している。

古龍 こりゅう

リアス式海岸の狭く奥深い湾に臨む港町。史料では古柳とも表記される。石見銀山にほど近く、初期の銀の積出港として鞆ヶ浦とともに栄えた。

石銀 いしがね

石見銀山の鉱山町。石見銀山は大永六年(1526)の銀鉱脈発見以降、世界屈指の銀採掘量を誇った。

温泉津 ゆのつ

入り組んだ入江である温泉津湾を天然の良港とし、平安期以来の温泉を持つ港町。16世紀中頃、銀を求める船舶が石見沿岸に押し寄せるようになると、その積出港である温泉津も日本海水運の要港に躍り出る。

河上 かわのぼり

都治川が江川本流が合流する交通の要衝に位置した市町。江津市松川町市村のあたり。現在は国道261号線沿いの閑静な地区。中世は江川水運の上り口の船着場として栄えたとみられる。

江津 ごうつ

石見国最大の河川である江川(ごうのかわ)の河口部に位置する港町。地名としての「江津」の初見は南北朝期の永和二年(1376)閏七月。益田兼見あての「室町将軍家御教書」に「石州於江津戦功之内注進状被見了」とみえる。

浜田 はまだ

石見国中部、浜田川河口に位置する港町。馬島、矢箆(やな)島、瀬戸ヶ島によって北風から守られた天然の良港。嘉吉三年(1443)から文安元年(1444)の間に書写された宝福寺(現浜田市大辻町)所蔵大般若経奥書に「那賀郡小石見郷濱田村」と見える…

長浜 ながはま

石見国中部、広く湾曲した浜田湾の南側に位置する港町。那賀郡のうち。同郡周布郷を本拠とする国人・周布氏の外港だったと推定される。

周布 すふ

石見国周布川河口部に位置する周布城(鳶巣城)の城下町。周布城は中世周布氏が居城とした。同氏は安貞二年(1228)に益田兼季の子兼定が周布地頭職を安堵されたことに始まる。

三隅湊 みすみみなと

石見国の三隅川河口部に位置する港町。現在の島根県浜田市三隅町湊浦。三隅河川流域の物資積出港とともに、石見国の有力国衆・三隅氏の外港として日本海水運、朝鮮貿易の拠点を担った。

三葛 みかづら

石見西部、匹見川上流の美濃郡疋見郷の南奥に位置した集落。その歴史は古く、同集落のいくつかの遺跡からは縄文前期の遺構や平安期の蓬莱山文鏡、須恵器片が出土している。

中津 なかづ

中世、高津川と益田川が合流してできた潟湖に面する中ノ島(中洲)に形成された港町。日本海水運と益田周辺地域の結節点を担った。

益田 ますだ

石見国衆・益田氏の本拠である七尾城、三宅御土居の城下町。益田川の下流域に位置する。石見国西部の政治・経済・文化の中心として栄えた。

津和野 つわの

石見国最西部の津和野盆地に位置した市町。石見国西部では益田氏とならぶ有力国衆であった吉見氏の拠城・三本松城の城下町でもあった。周防、長門、石見の三国を結ぶ交通の要衝として栄えた。

須佐 すさ

長門国阿武郡の深い入江で天然の良港である須佐湾に面した港町。戦国期、毛利氏直轄の海関が置かれた。

大井 おおい

大井川の河口部、鵜山岬と串山崎に囲まれた小さな湾に臨む港町。中世、長門国阿武郡の中心的地域であった大井郷の港湾として栄えた。

通 かよい

長門国青海島東端に位置する港町。青海島を含む島嶼と仙崎半島によって囲まれた仙崎湾にあってさらに三方を陸に囲まれた天然の良港であり、かつ日本海航路へと連絡に優れることから同航路の要港として栄えた。

瀬戸崎 せとざき

海に向かって突出た仙崎半島の先端部、青海島との海峡部に位置する港町。 青海島によって守られた仙崎、深川の両湾の結節点として日本海航路の要衝を占めた。

肥中 ひじゅう

響灘に面する長門国北西部の深い入江を天然の良港とする港町。中世の日本海水運の要港の一つ。

大畠 おおばたけ

周防国の大畠瀬戸の本州側に位置した港町。瀬戸内海の航路の要衝であり、また難所としても知られた。

柳井 やない

柳井川河口に中世以前から形成された港町。柳井からは内陸部への街道が延びており、周防の東の玄関口でもあった。また柳井には周防に大きな既得権を持つ鋳物師集団が存在しており、現在にも金屋の地名を残している。

室積 むろづみ

周防灘の室積湾(御手洗湾)に面する港町。砂嘴をなす象鼻ヶ岬によって周防灘からの風を遮られた天然の良港。古くから瀬戸内海航路の要衝として栄えた。

富田 とんだ

周防国中部、富田川河口部の港町。山陽道が通過する陸路の要衝にも位置する。南北朝期に大内氏の重臣・陶氏の本拠となって以降、周防国内の東大寺領や東福寺領など同氏支配地域の物資集散を担う経済拠点として栄えた。

防府宮市 ほうふみやいち

中世の佐波川下流、周防国府の西隣に位置する港町。松崎天満宮の門前町でもあった。周防国中部の中心的な物資集散地として栄えた。