戦国日本の津々浦々 ライト版

港町から廻る戦国時代。そこに生きた人々、取引された商品も紹介します。

2021-04-09から1日間の記事一覧

吉原 よしわら

富士川や潤井川をはじめとする大小河川の河口部に位置した港町。東海道と並行する街道と、富士大宮を経由して甲斐に至る街道の結節点にも位置した。

興津 おきつ

駿河湾西岸、興津川河口部近くに位置する湊町。中世、水運活動を展開した興津氏の本拠として、同氏水運の基地を担った。

江尻 えじり

駿河国庵原郡の巴川河口部に位置した港町。中世、伊勢海地域と関東(坂東)を結ぶ太平洋航路の中継港として栄えた。